最新記事

アメリカ政治

トランプ、「国境封鎖」でメキシコを恫喝

Trump: Closing Border is 'Profit-Making Operation'

2019年4月1日(月)19時00分
クリス・モラン

3月29日、テキサス州エルパソで米当局の拘束下にある中央アメリカからの移民 Lucas Jackson-REUTERS

<国境を封鎖して不法移民や貿易赤字のもとになる輸入品が入ってこなくすればその分利益になるとトランプは言うが、アメリカ企業や労働者への影響は今度こそ大きなものになる>

ドナルド・トランプ米大統領は3月29日の午後の大半を、メキシコとの国境を近日中に閉鎖することに関するツイッターと発言に費やした。国境閉鎖をすればアメリカの利益になるというのがその理屈だ。

「メキシコは何か(対処を)しなければならなくなる。そうでなければ私が国境を閉鎖するまでだ」と、トランプは29日午後、フロリダ州で記者団に対して述べたと政治紙ヒルは伝えている。「メキシコとの間にあるような、長年にわたる赤字のことを考えれば、国境封鎖は利益を生む作戦になるだろう」

トランプは例によってアメリカの対メキシコ貿易赤字のことを持ち出した。だが貿易赤字は単に、メキシコがアメリカから輸入するよりも多くの品物をアメリカがメキシコから輸入していることを意味するに過ぎない。多くのエコノミストは、アメリカのほうが経済力がある一方で生産・労働コストはメキシコの方がずっと安いため、そうした貿易赤字はある意味あって当然のものだと考えている。

自国経済への悪影響には触れず

貿易赤字を減らすため、トランプは関税の導入を再三唱え、国際的な貿易協定から離脱したり見直したりしてきた。これらは企業が生産・調達を国内で行うことを奨励するための長期的な施策だった。

だが国境閉鎖をすれば貿易への影響は即座に出るし、メキシコとの関係を断つことはアメリカの企業や労働者にとって大きなマイナスの影響を与える可能性があると、一部のエコノミストは指摘する。

「国境閉鎖はアメリカ経済にとって災厄となるだろう」と、ウッドロー・ウィルソン国際研究センターメキシコ研究所のクリストファー・ウィルソン副所長はバズフィード・ニュースに対して述べている。1日あたり10億ドルを超える物品がメキシコとの国境を行き来しており、これがなくなればアメリカの雇用に大きな影響を及ぼすとウィルソンは指摘。「これを断つとなれば、全米の多くの工場が数日中にも組み立てラインを止めざるを得なくなり、メキシコ向けのトウモロコシや大豆は腐るに任され、アメリカとメキシコ両国の経済全般が混乱に突き落とされる」

トランプ大統領は3月29日、国境閉鎖(具体的にはメキシコとアメリカの間の通関手続地の閉鎖)により「大量のドラッグの流入を食い止める」ことになるとも述べた。

ニュース速報

ワールド

WHOの初期コロナ警告、一部の国深刻に受け止めず=

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

ワールド

ミャンマー抗議デモで3人死亡、メディア5社の免許剝

ワールド

伊のコロナ死者10万人突破、ドラギ首相「状況は悪化

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月