最新記事

銃乱射事件

相次ぐ銃乱射関連自殺の原因か、銃乱射は「やらせ」、遺族も「共犯」と責める陰謀論

Senator Blames Alex Jones, Big Tech in Wake of Suicides

2019年3月27日(水)18時45分
ベンジャミン・フィアナウ

2012年に起きたサンディフック小学校の銃乱射事件で6歳の娘アビエルを亡くしたジェレミー・リッチマン(中央)は、3月25日に自ら命を絶ったとみられる Michelle McLoughlin-REUTERS

<銃乱射事件の生存者や遺族の自殺が相次ぎ、乱射事件をやらせと拡散して嫌がらせをする右派の活動が問題視されている>

アメリカでは、この1週間余りの間に学校での銃乱射事件関連の自殺が3件も続いた。この異常事態に、かねてから学校での銃乱射事件は陰謀だと公言してきた右派の論客アレックス・ジョーンズに非難が集まっている。

自殺したのは、銃乱射事件のサバイバー2人と犠牲になった子どもの父親1人だ。2018年2月に銃乱射事件が起きたフロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校では、乱射を生き延びた生徒2人が、3月17日と22日に相次いで命を絶った。2012年にコネチカット州ニュータウンのサンディフック小学校で起きた乱射事件で小学1年生の娘を亡くしたジェレミー・リッチマンは、25 日に死亡した。

<参考記事>銃乱射生存者2人と犠牲者の父親が相次いで自殺

荒唐無稽なフェイクニュースや陰謀論を自らのサイト「インフォウォーズ」などで展開するジョーンズは、26人が死んだサンディフックの銃乱射事件を銃を規制したい活動家が仕組んだ「やらせ」と決めつけ、遺族は悲しみを演じる共謀者(クライシスアクター)だと主張した。

17人が犠牲になったパークランドの銃乱射事件についても、生き残った生徒や銃規制を求める活動家は民主党の工作員だと主張した。

乱射事件の犠牲者の遺族はジョーンズを名誉棄損で訴えている。自殺したリッチマンはその原告の一人だった。3月25日にリッチマンが死んだとわかると、「計ったようなタイミングだ」と、ジョーンズはインフォウォーズに書いたという。「(ロシア疑惑に関する)捜査報告書から目を逸らすためだろう」

第2の犠牲を防げ

自分が名誉毀損訴訟の被告になっていることまで冗談のネタにし、「子供たちを殺したのは私だとでも言うのだろうか」などと繰り返し発言してきた。コネチカット州裁判所のバーバラ・ベリス判事は先月、宣誓供述書の提出に加えて、インフォウォーズの財務記録と宣伝物を引き渡すようジョーンズに命じた。利益を上げるために信じてもいない陰謀論をでっち上げ、遺族に嫌がらせをするよう「共謀者」たちに仕向けた可能性が争われているためだ。

米上院議員のクリス・マーフィーは、テレビに出演してジョーンズをこう非難した。「あの男のせいで、乱射事件は陰謀だったと信じ込む人間が出てきてしまった。おかげで犠牲者の親のなかには(脅されて)、引っ越すなどして身を隠しさざるを得なくなった人もいる」

また、ジョーンズが発した陰謀論とヘイトスピーチがあっと言う間に広がったのはネットのせいだ。インフォウォーズはすでにあらゆる主要メディアから締め出されているが、ジョーンズの陰謀理論の拡散を許したのはソーシャルメディアだと、マーフィーは言う。

「ジョーンズのような人間を完全に消すことは不可能だが、フェイスブックやツイッターはもっと中身を管理できたはずだ」と、マーフィーは言う。「乱射事件の遺族たちは、『子どもの死を冒涜する』陰謀論者を捕まえるために毎日ネットを見ずにいられない。『第2の犠牲者』だ」

(翻訳:栗原紀子)

※4月2日号(3月26日発売)は「英国の悪夢」特集。EU離脱延期でも希望は見えず......。ハードブレグジット(合意なき離脱)がもたらす経済的損失は予測をはるかに超える。果たしてその規模は? そしてイギリス大迷走の本当の戦犯とは?

ニュース速報

ビジネス

自動車8社の4月世界生産は60.5%減 工場停止で

ワールド

台湾、今年の成長率予想1.67%に引き下げ 5年ぶ

ワールド

中国の富裕層、香港から資産移転の可能性 「安全法」

ビジネス

日本経済大変厳しい、先行きも極めて厳しい状況続く=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月