最新記事

銃乱射

銃乱射生存者2人と犠牲者の父親が相次いで自殺

PTSD Symptoms, Causes: Second Parkland Student Dies By Suicide In A Week

2019年3月26日(火)18時30分
マドハール・デイブ

2018年2月4日のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件の犠牲者17人に1周年の祈りを捧げる Joe Skipper-REUTERS

<銃乱射関連の自殺が1週間で3件、アメリカの病気が生んだ銃の「2次被害者」たち>

2018年2月にフロリダ州パークランドの高校で銃乱射事件が起き、生徒14人、教師3人が犠牲となってから1年あまりが過ぎた。その際に生き残った生存者2人が、ここ1週間のうちに続けて自ら命を絶った。

地元警察の発表によると、銃乱射サバイバーの女性シドニー・アイエロ(19歳)が3月17日に自殺してから1週間後に、別のサバイバーが自ら命を絶ったと発表した。2人目の自殺者の名前と死因は明らかにされていないが、男性で、銃乱射事件の現場だったマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の2年生だったという。

2018年に同校を卒業したアイエロは、犠牲者のひとり、メドウ・ポラックの親しい友人だった。アイエロの両親によれば、娘は「サバイバーズ・ギルト」(事故や事件の生存者が、自分だけが助かったことに罪悪感を持つこと)に悩まされ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)だと最近診断されたところだった。

さらに今週月曜には、2012年にコネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校で起きた銃乱射事件で1年生の娘アビエールを失ったジェレミー・リッチマン(45)が町の集会所で死んでいるのが見つかった。警察は詳細を明らかにしていないが、自殺とみられる。

神経薬理学者のリッチマンは、事件後、アビエールの名を冠した財団を創設し、暴力をなくす活動をしていただけに、地元ではショックが広がっている。

10代と成人の心の健康を見守り、自殺防止に取り組む非営利組織「ジェド基金」の最高医療責任者(CMO)ビクター・シュワルツは、「身近な人の死に直面しただけで、自殺のリスクは少し高くなる。サバイバーズ・ギルトがある場合、さらにリスクが高くなるのは自然なことだ」と述べた。

シュワルツはさらに、パークランドの生徒たちは、銃規制の必要性を訴える仕事を驚くほど見事に果たしてきたが、いまだに悲しみと苦悩を抱えていると話す。「同校の生徒の多くは、いまでもPTSDのような症状で苦しんでいるはずだ。そうでないはずがない」

底知れぬ悲しみと苦悩

アメリカ精神医学会はPTSDを、「戦争や自然災害、事故、テロ攻撃、性的暴行やそのほかの暴力行為といったトラウマ的な出来事を経験あるいは目撃した人に見られる可能性がある精神障害」と定義している。親しい友人や家族、パートナーを亡くしたあとにPSTDになることもある。学校の銃乱射事件で生き残った人の中には、負傷や被弾がなくてもPTSDの症状で苦しむ人たちがいるが、それは死体を見たり、同級生が撃たれたり負傷したりするところを目撃したことなどが原因だという。

PTSDの症状は通常、トラウマになるような出来事が起きたあと、最初の3カ月以内に始まるが、数年経ってから苦しみ始めることもある。症状は1カ月以上続き、人間関係や仕事で問題を引き起こす場合もある。医師によれば、症状の経過はまちまちで、治療をして6カ月以内で治まる人もいれば、何年も続く人もいるという。

PTSDの症状には以下のようなものがある。

侵入思考:無意識のうちに、嫌な記憶が蘇る、悪夢を見る、事件のフラッシュバックが起きるといった状態が続く。フラッシュバックが鮮明すぎる場合、その出来事を追体験あるいは再体験しているような気持ちになることがある。

回避症状:PTSDで苦しむ人々は、出来事の記憶を呼び覚ます可能性のある場所や人、行動、物事、状況を避けようとすると言われている。また、出来事に関係した感情について話したがらない。

否定的な思考と感情:PTSDの患者は、自分自身や他人について歪んだ考えを持ち、「だれも信頼できない」「自分は悪い人間であり、生きている資格がない」などの思いを抱くことが多い。また、大きな音や強い光などに恐怖心を感じる状態が続く。生き残ったことに対して強い罪悪感を抱き、恥だと思う。かつて楽しんでいたことへの関心を失い、親しい人から切り離されたような孤独感を持つ。

興奮状態と反応性症状:PTSD患者は苛立ちや怒りを感じやすく、ささいなことで感情を爆発させる。また、無謀な行動や自己破壊的な態度をとることがある。小さなことに驚き、同じ出来事が再び起きるのではないかとつねに不安を抱えている。集中困難や睡眠障害も見られる。

パニック障害やうつ症状、薬物乱用、自殺願望、重度の不安も、PTSDに多い症状だ。

PTSDは完治できないが、治療は可能であり、投薬や心理療法によって抑制できる。

(翻訳:ガリレオ)

※4月2日号(3月26日発売)は「英国の悪夢」特集。EU離脱延期でも希望は見えず......。ハードブレグジット(合意なき離脱)がもたらす経済的損失は予測をはるかに超える。果たしてその規模は? そしてイギリス大迷走の本当の戦犯とは?

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

  • 4

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

  • 5

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 8

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 9

    老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

  • 10

    【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月