最新記事

性的虐待疑惑

マイケル・ジャクソンの「被害者」が、少年だった頃の性的虐待を赤裸々告白 

Michael Jackson Accuser James Safechuck Describes Abuse

2019年3月5日(火)16時00分
アンドルー・ウェーレン

セイフチャックと同じく『リービング・ネバーランド』でマイケルを告発しているウェイド・ロブソン(写真右) Leaving Neverland (2019) Official Trailer/HBO

<マイケルの小児性愛疑惑を扱ったHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、ファンの反対にも関わらず放送された。その衝撃の内容とは>

故マイケル・ジャクソンの児童に対する性的虐待疑惑を告発したHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、3月3日と4日に放送された。ファンや家族がまるで「公開リンチ」だと怒り、放送中止を求めていたいわくつきの作品だ。

映画の中心は、かつて「ポップの帝王」から性的虐待を受けたと主張する「被害者」2人、ジェームズ・セイフチャック(37)とウェイド・ロブソン(41)だ。2人は少年時代、長年にわたってマイケルからグルーミング(性的虐待者が被害者を説得・洗脳し手なずけること)を受けたと、似通った主張を行っている。ドキュメンタリーを基に、当時子役だったセイフチャックの主張を振り返ってみよう。

セイフチャックは、ペプシのCMで共演した1986年に初めてマイケルと会った。当時10歳で、マイケルの大ファンという訳ではなかったという。

セイフチャックがマイケルと共演したペプシのコマーシャル


「大ファンだった記憶はない」と、現在37歳のセイフチャックは『リービング・ネバーランド』の中で語っている。「当時はマイケルよりも(テレビアニメの)ボルトロンやトランスフォーマーに夢中だったと思う」

その後オーストラリア・ツアー中だったマイケルから「ジミー(セイフチャックのこと)」に連絡があり、2人はロサンゼルスにあるマイケルの邸宅「ヘイブンハースト」で再会することになった。そして、まだ公開前だった子ども向けSF映画『ニューヨーク東8番街の奇跡』(87年)を邸内の映画館で観た。マイケルはセイフチャックに「スリラー」のMVで着ていたジャケットをプレゼントし、帰り際に現金がパンパンに詰まった封筒を渡した。その後、マイケルはカリフォルニア州シミにあるセイフチャックの自宅にも出入りするようになった。

母親の部屋がどんどん遠くになる

「マイケルはポップコーンが大好きだった。何度も家に来たよ。よく一緒に、近所をただお喋りしながら歩いた。もちろん彼が人目を避けられる夜にね」とセイフチャックは映画の中で語っている。「(大スターと遊ぶというよりは)自分と同じぐらいの年齢の友人と遊んでいる感覚に近かった」

その後、セイフチャックの家族はハワイで開かれたペプシの年次総会をはじめマイケルの旅に同行するようになった。初めての旅では、ジミーは寝室も食事も母親と一緒だった。ドキュメンタリーにも出演している母親は、その後の旅ではマイケルと息子が泊まる部屋からどんどん遠いところに部屋が予約されるようになったと語っている。その後ジミーは学校の夏休みにマイケルのツアーに同行するようになり、楽曲「Bad」ではマイケルと一緒に踊りもした。

性的虐待が始まったとされるのは、パリ公演の時。マイケルがジミーにマスターベーションを教えたという。「みんながやっていることを見せてあげる、君もきっと楽しいよ、と。何か新しいことを教えてあげる、という感じだった。初めてあんなにやったから、性器が腫れ上がったのを覚えている」とセイフチャックは語っている。

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請87万件、予想超える増加 コロナ禍回

ビジネス

英、雇用支援の規模縮小 財務相「全ての雇用救えず」

ワールド

ブラジル中銀、20年GDP見通しを5%減に上方改定

ワールド

トルコ中銀、政策金利10.25%に引き上げ リラ支

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

  • 10

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月