最新記事

性的虐待疑惑

マイケル・ジャクソンの「被害者」が、少年だった頃の性的虐待を赤裸々告白 

Michael Jackson Accuser James Safechuck Describes Abuse

2019年3月5日(火)16時00分
アンドルー・ウェーレン

セイフチャックと同じく『リービング・ネバーランド』でマイケルを告発しているウェイド・ロブソン(写真右) Leaving Neverland (2019) Official Trailer/HBO

<マイケルの小児性愛疑惑を扱ったHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、ファンの反対にも関わらず放送された。その衝撃の内容とは>

故マイケル・ジャクソンの児童に対する性的虐待疑惑を告発したHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、3月3日と4日に放送された。ファンや家族がまるで「公開リンチ」だと怒り、放送中止を求めていたいわくつきの作品だ。

映画の中心は、かつて「ポップの帝王」から性的虐待を受けたと主張する「被害者」2人、ジェームズ・セイフチャック(37)とウェイド・ロブソン(41)だ。2人は少年時代、長年にわたってマイケルからグルーミング(性的虐待者が被害者を説得・洗脳し手なずけること)を受けたと、似通った主張を行っている。ドキュメンタリーを基に、当時子役だったセイフチャックの主張を振り返ってみよう。

セイフチャックは、ペプシのCMで共演した1986年に初めてマイケルと会った。当時10歳で、マイケルの大ファンという訳ではなかったという。

セイフチャックがマイケルと共演したペプシのコマーシャル


「大ファンだった記憶はない」と、現在37歳のセイフチャックは『リービング・ネバーランド』の中で語っている。「当時はマイケルよりも(テレビアニメの)ボルトロンやトランスフォーマーに夢中だったと思う」

その後オーストラリア・ツアー中だったマイケルから「ジミー(セイフチャックのこと)」に連絡があり、2人はロサンゼルスにあるマイケルの邸宅「ヘイブンハースト」で再会することになった。そして、まだ公開前だった子ども向けSF映画『ニューヨーク東8番街の奇跡』(87年)を邸内の映画館で観た。マイケルはセイフチャックに「スリラー」のMVで着ていたジャケットをプレゼントし、帰り際に現金がパンパンに詰まった封筒を渡した。その後、マイケルはカリフォルニア州シミにあるセイフチャックの自宅にも出入りするようになった。

母親の部屋がどんどん遠くになる

「マイケルはポップコーンが大好きだった。何度も家に来たよ。よく一緒に、近所をただお喋りしながら歩いた。もちろん彼が人目を避けられる夜にね」とセイフチャックは映画の中で語っている。「(大スターと遊ぶというよりは)自分と同じぐらいの年齢の友人と遊んでいる感覚に近かった」

その後、セイフチャックの家族はハワイで開かれたペプシの年次総会をはじめマイケルの旅に同行するようになった。初めての旅では、ジミーは寝室も食事も母親と一緒だった。ドキュメンタリーにも出演している母親は、その後の旅ではマイケルと息子が泊まる部屋からどんどん遠いところに部屋が予約されるようになったと語っている。その後ジミーは学校の夏休みにマイケルのツアーに同行するようになり、楽曲「Bad」ではマイケルと一緒に踊りもした。

性的虐待が始まったとされるのは、パリ公演の時。マイケルがジミーにマスターベーションを教えたという。「みんながやっていることを見せてあげる、君もきっと楽しいよ、と。何か新しいことを教えてあげる、という感じだった。初めてあんなにやったから、性器が腫れ上がったのを覚えている」とセイフチャックは語っている。

ニュース速報

ワールド

サウジとロシア、日量1500万バレル減産も トラン

ワールド

米大、新型コロナワクチンの効果確認 数カ月で臨床試

ワールド

NY州、コロナ感染拡大続く 人工呼吸器あと6日で枯

ワールド

米民主バイデン氏、全国党大会の8月延期要請 新型コ

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 9

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月