最新記事

性的虐待疑惑

マイケル・ジャクソンの「被害者」が、少年だった頃の性的虐待を赤裸々告白 

Michael Jackson Accuser James Safechuck Describes Abuse

2019年3月5日(火)16時00分
アンドルー・ウェーレン

セイフチャックと同じく『リービング・ネバーランド』でマイケルを告発しているウェイド・ロブソン(写真右) Leaving Neverland (2019) Official Trailer/HBO

<マイケルの小児性愛疑惑を扱ったHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、ファンの反対にも関わらず放送された。その衝撃の内容とは>

故マイケル・ジャクソンの児童に対する性的虐待疑惑を告発したHBOのドキュメンタリー映画『リービング・ネバーランド』が、3月3日と4日に放送された。ファンや家族がまるで「公開リンチ」だと怒り、放送中止を求めていたいわくつきの作品だ。

映画の中心は、かつて「ポップの帝王」から性的虐待を受けたと主張する「被害者」2人、ジェームズ・セイフチャック(37)とウェイド・ロブソン(41)だ。2人は少年時代、長年にわたってマイケルからグルーミング(性的虐待者が被害者を説得・洗脳し手なずけること)を受けたと、似通った主張を行っている。ドキュメンタリーを基に、当時子役だったセイフチャックの主張を振り返ってみよう。

セイフチャックは、ペプシのCMで共演した1986年に初めてマイケルと会った。当時10歳で、マイケルの大ファンという訳ではなかったという。

セイフチャックがマイケルと共演したペプシのコマーシャル


「大ファンだった記憶はない」と、現在37歳のセイフチャックは『リービング・ネバーランド』の中で語っている。「当時はマイケルよりも(テレビアニメの)ボルトロンやトランスフォーマーに夢中だったと思う」

その後オーストラリア・ツアー中だったマイケルから「ジミー(セイフチャックのこと)」に連絡があり、2人はロサンゼルスにあるマイケルの邸宅「ヘイブンハースト」で再会することになった。そして、まだ公開前だった子ども向けSF映画『ニューヨーク東8番街の奇跡』(87年)を邸内の映画館で観た。マイケルはセイフチャックに「スリラー」のMVで着ていたジャケットをプレゼントし、帰り際に現金がパンパンに詰まった封筒を渡した。その後、マイケルはカリフォルニア州シミにあるセイフチャックの自宅にも出入りするようになった。

母親の部屋がどんどん遠くになる

「マイケルはポップコーンが大好きだった。何度も家に来たよ。よく一緒に、近所をただお喋りしながら歩いた。もちろん彼が人目を避けられる夜にね」とセイフチャックは映画の中で語っている。「(大スターと遊ぶというよりは)自分と同じぐらいの年齢の友人と遊んでいる感覚に近かった」

その後、セイフチャックの家族はハワイで開かれたペプシの年次総会をはじめマイケルの旅に同行するようになった。初めての旅では、ジミーは寝室も食事も母親と一緒だった。ドキュメンタリーにも出演している母親は、その後の旅ではマイケルと息子が泊まる部屋からどんどん遠いところに部屋が予約されるようになったと語っている。その後ジミーは学校の夏休みにマイケルのツアーに同行するようになり、楽曲「Bad」ではマイケルと一緒に踊りもした。

性的虐待が始まったとされるのは、パリ公演の時。マイケルがジミーにマスターベーションを教えたという。「みんながやっていることを見せてあげる、君もきっと楽しいよ、と。何か新しいことを教えてあげる、という感じだった。初めてあんなにやったから、性器が腫れ上がったのを覚えている」とセイフチャックは語っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル/ユーロ下落、欧州の政治不安一服

ワールド

ロシア拘束の米記者、スパイ容疑の審理非公開 26日

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&Pとナスダック最高値更新

ワールド

イスラエルで反政府デモ、数千人規模 ネタニヤフ首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 6

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 7

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 8

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 9

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中