最新記事

アジア

ミャンマー仏教徒武装集団が警官9人殺害、兵士9人拘束か スー・チー、紛争泥沼化に苦慮

2019年3月14日(木)12時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ミャンマー西部ラカイン州で自治権拡大を求める仏教徒武装勢力「アラカン軍(AA)」の軍事訓練所のようす  Radio Free Asia - YoutTube

<イスラム系少数民族ロヒンギャ族への弾圧で世界的に批判を受けたミャンマー。そのロヒンギャ族も住むラカイン州には、独立を求める武装勢力が複数存在し、ミャンマーの民主化にも影を落としている>

ミャンマー西部ラカイン州で自治権拡大を求める仏教徒武装勢力「アラカン軍(AA)」と国軍による戦闘が激化している。3月9日には国軍の戦略拠点を巡る攻防戦が勃発、国軍兵士9人がAAの捕虜となり、多数の武器弾薬、工作機械、ドローンなどを奪われたほか、10日には同州の警察駐在所4か所がAA部隊によって襲撃され、警察官9人が死亡、2人が負傷したことなどが明らかになった。

これはAAの広報担当キン・トゥカ氏が3月12日に米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」に対して明らかにしたもので、同州で政府軍とAAによる戦闘がかなり激化していることを示している。

AAによると、3月9日にラカイン州ピーチャウン地区のピャン・ソ村から約5.5キロ離れた戦略上の要所に展開していた国軍が、AA部隊に対して重火器を使用して攻撃。双方が激戦を展開した末、国軍側が後退したという。

AAは国軍兵士9人を捕虜として拘束するとともに工作機械のユンボ(油圧ショベル)16台、トラック1台、パソコン3台、ドローン1機、小火器・重火器などの武器を押収したという。

AAはRFAに対して「9人の国軍捕虜はきちんとした待遇を受けており、今後どうするかは上級司令部の指令待ちである」と述べ、虐待や暴行は行っていないことを明らかにしている。

もっともピャン・ソ村などの住民は「兵士が捕虜になったらわれわれの耳にも入るはずで、そうしたことは聞いていないので間違いかフェイクニュースではないか」と話しているということで、最終的な確認は取れていない。

ただAAは「捕虜にした兵士はラカイン州ゴワに駐屯する陸軍第563軽歩兵大隊所属の兵士だ」と具体的に所属を明らかにしていることから、信ぴょう性はあるとの見方も広がっている。

RFAが国軍に情報の確認を求めているが、具体的な回答はない状況という。

一方、翌10日にはAAによってラカイン州北部のヨータヨクやポンアクウン町区にある警察官駐在所4か所が襲撃され、銃撃戦の末、警察官9人が殺害され、2人が負傷する事件も発生した。

AAは小規模で警察官が比較的少ない駐在所を襲撃対象として狙ったものとみられており、そのため襲撃による警察官の被害が大きくなったものとみられている。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 9

    韓国カフェ:ゴミ対策で使い捨てカップ禁止にしたら…

  • 10

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月