最新記事

韓国社会

韓国の受験戦争、大ヒットドラマ「SKYキャッスル」でさらに過熱か

2019年2月7日(木)11時55分

韓国の悪評高い学歴競争社会を痛烈に風刺したケーブルテレビドラマが大ヒットしたことで、その警告を無視して、成功追求に熱を上げる視聴者も一部出てきている。2016年8月、ソウルの高麗大で勉強する学生(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

韓国の悪評高い学歴競争社会を痛烈に風刺したケーブルテレビドラマが大ヒットしたことで、その警告を無視して、成功追求に熱を上げる視聴者も一部出てきている。

韓国ドラマ「SKYキャッスル(原題)」は、国内の一流大学に子どもを合格させて、高給が約束された仕事に就かせようと、全力を挙げる野心的な家族たちを描いた物語だ。その過程で、成りすましや自殺、殺人事件も発生する。

SKYキャッスルとは、韓国郊外にある架空の高級住宅コミュニティの名前だが、同時に韓国トップのソウル大学(S)、高麗大学(K)、延世大学(Y)の3校の頭文字でもある。

調査会社ニールセン・コリアによると、このドラマは、韓国のケーブルテレビとしては、歴代最高の視聴率をたたき出しており、隣国の中国でもファンを増やしている。

同ドラマは2月1日に最終回を迎えたが、韓国では製作者側が批判の意図を込めて描いた過激な教育手法をまねする人も出てきている。

例えば、勉強に集中するための広さ1平方メートルに満たない木製のクローゼット「スタディーキューブ」は価格が1台250万ウォン(約24万円)するが、このドラマに登場して以降、その売り上げが8倍に跳ね上がった。

「SKYキャッスルにスタディーキューブが出ていたのを見て、勉強に適した環境を作ろうと、自分の意思で買った」。ソウルにある一流大学の医学部進学を目指す高校生イ・ドギョンさん(16)は、そう語る。

勉強内容のみならず、睡眠パターンから友人関係まで事細かに指導する大学入試コーディネーターがドラマに登場すると、大学入試を専門とするコーチの需要が急増した。

Uway教育改革研究所のディレクター、イ・マンキ氏は、大学受験コンサルタント志望者向けのコースを50%増やす計画だという。

こうした現象は、ドラマが意図したものとは真逆の動きだ、とSKYキャッスルの主任プロデューサー、キム・ジヨン氏は言う。

「スダティーキューブに注文が殺到したり、入試コーディネーター探しに熱心な人が出ているというニュースは、脚本家が最も避けたかったものだ」とキム氏は言う。「脚本家は、自分の子どもの大学受験を経験して、行き過ぎた教育熱に警鐘を鳴らしたかったのだ」

トイレで読書

スタディーキューブが韓国に登場した7年前も、国内で議論を呼んだが、SKYキャッスルに登場したことで、プレッシャーの大きい韓国の学歴社会を問い直す声が改めて上がっている。

前出の高校生イさんは、キューブが届いたら、防音が施された環境に自らを隔離して、勉強に没頭することを楽しみにしていると話す。しかし、親がそれを子どもに強制する場合は、「米びつに閉じ込めるのと同じだ」と、18世紀に父の英祖によって米びつに閉じ込められて殺された思悼世子の悪名高い事件を引き合いに出して語った。

スタディーキューブの製造元EMOKのチョイ・キジュ最高経営責任者(CEO)は、隔離することで、学生は邪魔が入らずに集中できると話す。「単純な話だ。トイレにいるときの方が、集中して本を読めるだろう」

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

  • 2

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

  • 7

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 8

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 9

    観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

  • 10

    ロンドンのインフラ老朽化がもたらした思わぬ発見

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月