最新記事

トランプ政権

疑惑のサウジ原発計画に、トランプ娘婿クシュナーの影

2019年2月28日(木)19時00分
クリスティナ・マザ

クシュナー夫妻に寄り添うムハンマド皇太子(17年5月、サウジの首都リヤド) Jonathan Ernst-REUTERS

<国家安全保障を脅かす核技術の移転計画の裏で、トランプ娘婿の怪しげな資金疑惑が浮上>

2月19日、米下院監視・政府改革委員会は、トランプ政権が進めるサウジアラビアへの原発技術の輸出計画について報告書を公表した。民主党主導による調査は、アメリカの国家安全保障を危険にさらすかもしれない重大な懸念を指摘している。

米政府は議会の承認がない限り、核兵器に転用の恐れがある技術を外国に供与することが禁じられている。だが、トランプ政権はこれを回避しようとしているという内部告発もあった。

「トランプ政権とサウジアラビアとのやりとりは秘密裏に行われている」と、エライジャ・カミングス委員長たちは不審点を提示。引き続き、トランプ米大統領が側近やビジネス仲間の経済的利益を国家安全保障よりも優先していないかどうか調査している。

疑惑の人物が次々登場

報告書は、米民間企業の巨大な利権が核機密技術のサウジ移転を推進してきたと指摘し、機密保持が不十分で国家安全保障上のリスクがあると警告している。「企業はサウジ原発の建設と運営契約で数十億ドルを稼ごうとして、トランプ政権と密接かつ繰り返し接触している」

この計画は官民合弁事業を専門とする米コンサルティング会社IP3によって進められてきた。IP3顧問を務め、もともとこの計画の責任者だったのはマイケル・フリン。複数の外国政府との関係についてFBIに虚偽の供述を行ったと罪を認めたトランプ政権の元米大統領補佐官(安全保障担当)だ。

また、トランプの長年の盟友で米大統領就任式実行委員会委員長だったトム・バラックの名前も浮上している。MSNBCニュースの法律アナリスト、ケイティ・パンは「バラックは委員長として1億7000万ドルの政治資金を集めた後も引退せず、政権と親密に関わっている」と言う。バラックは、建設計画の特別代表者とされていた。

バラックはサウジアラビアやUAE(アラブ首長国連邦)など湾岸諸国と親密で、トランプのビジネス仲間とサウジアラビアを結ぶ重要人物でもある。トランプの娘婿で、中東和平特使を務めるクシュナー大統領上級顧問をサウジアラビアのムハンマド皇太子に紹介したのもバラックだ。ムハンマドはクシュナーが「自分の言いなりだった」と自慢したと報じられている。

ニュース速報

ワールド

国連人権高等弁務官、ベラルーシ当局のデモ弾圧を批判

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者206

ビジネス

中国の銀行、今年4900億ドルの不良債権を処理へ=

ワールド

アルゼンチンとメキシコ、アストラゼネカのコロナワク

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 5

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

  • 8

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 9

    韓国・文在寅の支持率9カ月ぶりの低水準に ソウル住…

  • 10

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 9

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月