最新記事

ヘルス

中性脂肪が増え過ぎて血が乳白色になった!

Man’s Blood So Thick With Fat it Turned Milk-colored

2019年2月27日(水)16時30分
ハナ・オズボーン

油の摂り過ぎに注意(写真はラード) canyonos/iStock.

<病院に駆け込んだ男性の血は、色が乳白色に変わっていた。血液中に脂肪が増え過ぎたためだ>

2月25日付けの学会誌「内科学会紀要」によると、患者は39歳のドイツ人男性。ドイツのケルン大学病院の救急外来を訪れたこの患者は、吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感などを訴えたほか、意識レベルが徐々に低下していった。この2日前にも、体重の減少、嘔吐、頭痛などの症状で診察を受けていた。

患者は以前、糖尿病と診断されており、胆石の病歴もあった。断続的ながら、さまざまな種類の処方薬を服用していたのも特徴だ。オンライン科学誌ライブサイエンスによると、患者は病院で意識を失い、呼吸管を挿入する必要があったという。

血液検査の結果、この患者はトリグリセリドと呼ばれる中性脂肪の血中値が異常に高いことが判明した。正常値の上限が150mg/dLなのに対し、この患者の中性脂肪値は1万4000mg/dLだった。トリグリセリド値があまりに高かったため、この患者の血液は乳白色に変色していたと、ライブサイエンスは伝えている。

blood-milk-color.jpg
これが血!? Copyright © 2019 American College of Physicians. Used with permission. ANNALS OF INTERNAL MEDICINE

患者は高トリグリセリド血症と診断された。これは血液中のトリグリセリドの値が高いタイプの脂質異常症を指す病名だ。

脂肪が多過ぎて機械詰まる

医師たちは最初、血漿交換の装置を使って過剰な中性脂肪を患者の血液から取り除こうとしたが、脂肪が多過ぎて機械が詰まってしまうため、異例の手動に切り替えなければならなかった。

まず、患者から1リットルの血液を採取し、健康な血液と置き換えることで、トリグリセリドの血中濃度を下げる処置を行った。その後、さらに血液を採取し、代わりに血液代用液を注入した。この結果、患者のトリグリセリド値は、機械による脂肪除去が可能なレベルにまで下がり、今度は機械を詰まらせることもなかった。

ライブサイエンスの記事の取材に応じた心臓専門医のガイ・ミンツは、この処置を「創意工夫に満ちた治療の例」だと称賛。「前例にとらわれない発想で患者の命を救った」とコメントした。

医療情報サイトのウェブMDによると、高トリグリセリド血症と診断された人が血中の中性脂肪値を下げるには、いくつかの方法がある。減量、禁煙、節酒、砂糖の摂取量を減らす、毎日運動をする、などだ。

(翻訳:ガリレオ)

※3月5日号(2月26日発売)は「徹底解剖 アマゾン・エフェクト」特集。アマゾン・エフェクト(アマゾン効果)とは、アマゾンが引き起こす市場の混乱と変革のこと。今も広がり続けるその脅威を撤退解剖する。ベゾス経営とは何か。次の「犠牲者」はどこか。この怪物企業の規制は現実的なのか。「サバイバー」企業はどんな戦略を取っているのか。最強企業を分析し、最強企業に学ぶ。

ニュース速報

ワールド

アングル:イランの対米軍攻撃、人命救った謎の「事前

ビジネス

米国株、主要3指数が最高値 米中指標好調で世界経済

ビジネス

ドル上昇、堅調な米指標受け景気減速懸念が後退=NY

ワールド

米、NYなど3空港でコロナウイルス検査 武漢からの

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 7

    イランによるウクライナ機撃墜の悲劇 なぜ飛行禁止…

  • 8

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 9

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    北朝鮮の「ロケットマン」復活で近づく米朝戦争の足音

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月