最新記事

動物

家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

Woman Eaten Alive By Pigs After She Collapsed While Feeding Them

2019年2月19日(火)17時49分
バイシュナビ・バイディアナタン

一頭300キロのブタに襲われたら digitalimagination/iStock.

<自分の家畜に餌をやっていたのに、なぜ食べられてしまったのか>

ロシアで、女性が生きたままブタに食べられた。

家畜のブタに餌やりをしている最中、発作を起こして倒れたのが命取りになった。ブタは女性の身体を食べ出し、顔と肩と耳は完全になくなっていた。女性は、56歳だった。

妻がいないことに気づいた夫がブタの間に分け入り、遺体を見つけた。失血死とみられた。全身に噛み傷が残っていた。

何が起こったのか、警察が捜査中だと英BBCは伝えた。

豪News.comによると、夫妻が住むウドムルト共和国当局の報道官は、「なぜこんなことになったのか当時の状況を知るために」検死を行うことになった、と言った。

アメリカでも、2012年に似たような事件があった。オレゴン州の農場主が、ブタに餌をやりに行って食べられたのだ。家族が、囲いの中でテリー・バンス・ガーナー(69)の体の一部を見つけたが、ほとんどはブタに食べられた後だった。

警察は、一頭体重300キロを超えるブタがガーナーを倒して殺し、食べたと推測する。発作で倒れた可能性もあるが、法医学でも解明はできなかった。

ガーナ―の兄マイケルは、ガーナーは動物を飼うのが好きだったと言う。「動物は弟の人生そのものだった。あらゆる鳥を飼っていたし、七面鳥がそこら中を走りまわっていた。みんな弟になついていた」

マイケルによれば、ガーナーは一度、自分を噛んだブタを殺そうとしたことがあったという。「殺すと言っていたので、後でどうしたか聞いたら、やっぱりやめたと言っていた」

20230131issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年1月31日号(1月24日発売)は「実録 中国海外警察」特集。他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110番」の驚くべき実態

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米ビザ、10─12月期は増収 個人消費堅調で決済額

ワールド

バイデン氏、共和党の一部政策を批判 今年初の主要演

ビジネス

米国株式市場=上昇、GDP受け景気懸念和らぐ テス

ビジネス

仏LVMH、第4四半期売上高は9%増 欧米好調で中

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 10

    ロシアは多くの国家に分裂し、中国の弱い属国になる

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 5

    ウクライナの航空戦力増強にはパイロットごと米軍機…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    ヘンリー王子、事実誤認だらけの「プライベート切り…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月