最新記事

動物

【動画】空港で保護されたヒョウの赤ちゃん、ショック状態から回復

Customs Seizes Month-Old Leopard Cub at India Airport

2019年2月4日(月)15時15分
レナタ・ビルケンブエル

絶滅が危ぶまれる動物の密輸が横行(写真は2011年、タイの空港で保護された生後2カ月のヒョウの赤ちゃん) Damir Sagolj-REUTERS2011

インド南部タルミナド州のチェンナイ空港で2月2日、搭乗客の荷物から見つかった生後1カ月、体重1キロのヒョウの赤ちゃんが、元気な姿を見せている。

発見当初、英BBCは「ヒョウの赤ちゃんはショック状態で震えた声で鳴き、弱っているように見えた」という空港職員の話を報じたが、その後インドの英字紙「ザ・ニュー・インディアン・エクスプレス」は、空港職員がヒョウの赤ちゃんに哺乳瓶でミルクをあげようとする様子を映した動画をツイッターに投稿した。

空港で保護されたヒョウの赤ちゃん




空港職員にミルクをもらう赤ちゃん


ソファの上をよちよち歩きで動き回る様子もテレビに流れた。

鳴きながら動き回るヒョウの赤ちゃん


赤ちゃんはメスで、獣医師が検査したところ幸い健康状態は良かったという。NDTVによれば、ヒョウの赤ちゃんはチェンナイにある動物園「アリニャー・アンナ・ズーロジカル・パーク」の獣医師による検査を受けた後、その動物園に移送された。

空港職員が密輸を疑い荷物の中身を調べたところヒョウの赤ちゃんが見つかり、カジャ・モイディーンという男が逮捕されたと、ニューデリーのテレビ局「NDTV」は報じた。インド当局は男が国際密輸組織のメンバーかどうかも調べている。

男はタイ国際航空の便でタイの首都バンコクからチェンナイ空港に到着。預け入れ荷物の中にプラスチックの買い物かごを入れ、その中に生後1カ月のヒョウの赤ちゃんを入れて運んだ。

チェンナイ空港税関の関係者がNDTVに語ったところによれば、男は荷物を引き取ってから足早に立ち去ろうとしたため、空港職員が不審に思った。ちょうどその時、男の荷物から「震えるような鳴き声」がしたため職員が中身を調べたところ、ピンク色の買い物かごに入れられたヒョウの赤ちゃんが見つかったという。

母親から引き離され、怖い思いをしたヒョウの赤ちゃんは今後、動物園でリハビリを行うことになる。

タルミナド州の森林局は男を拘束してヒョウの入手先などを尋問し、しかるべき措置を講じるとみられる。捜査は継続中だ。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月