最新記事

ヘルス

女性の脳は男性の脳より3歳若い

The "Younger" Brains of Women

2019年2月27日(水)14時30分
カシュミラ・ガンダー

高齢の女性は判断力や記憶力などのテストで同年齢の男性より点が高い傾向がある Bulat Silvia/iStock.

<脳のスキャンによって男女間で脳代謝年齢に差があることが分かった>

女性の脳のエネルギー代謝の老化が男性より遅いとする研究が発表された。認知機能の低下も女性のほうが遅い傾向があることも、これで説明できるかもしれない。

米ワシントン大学医学大学院(セントルイス)の研究チームは脳の老化を解明しようと、実年齢と脳の代謝年齢を男女間で比較した。すると、女性の脳年齢は男性より3歳若いという結果が出た。

この調査には、健康な脳を持つ20~82歳の205人が参加。彼らの脳を、PET(陽電子放射断層撮影)でスキャンした。研究チームはまず、被験者の実年齢と脳代謝の関係を見つけるアルゴリズムを作成した。その結果、成人若年層の女性の脳は同年齢の男性より若く、年を取ってもこの傾向が続いていた。

これまでの研究でも、女性の脳は男性より神経認知機能が衰えにくいことが分かっている。これは女性のほうが、脳のエネルギー源であるブドウ糖の消費に関係する遺伝子が年齢の影響を受けにくいためかもしれない。あるいは、思春期後の女性の脳の血流が男性ほど減少しないためである可能性もある。

この研究報告の主要筆者の1人であるマヌ・ゴヤルは「男性の脳は老化が速いという意味ではない。成人した時点で、男性は女性より代謝年齢が約3歳高く、その差が生涯を通じて維持されるということだ」と説明する。「高齢女性の認知機能の衰えが男性より遅いのは、実際に脳が男性より若いのかもしれない。その点について、さらに研究を進めたい」

ゴヤルによれば、男女の脳の年齢差は「かなり大きい」が、「他の性差、例えば身長差などに比べればはるかに小さい」という。研究チームは次のプロジェクトとして、高齢の女性が判断力や記憶力、問題解決能力など脳についてのテストで同年齢の男性より得点が高い傾向にある理由を調べるという。

「人が2人いれば何らかの差異があるが、それらはたいてい無視できる程度のものだと、多くの研究が論じ続けている」と、ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の精神科医マイケル・ブルームフィールドは言う。「だからこそ、これだけ多くの数の脳のスキャンを基にした研究は重要だ」

<本誌2019年02月26日号掲載>

※2019年2月26日号(2月19日発売)は「沖縄ラプソディ/Okinawan Rhapsody」特集。基地をめぐる県民投票を前に、この島に生きる人たちの息遣いとささやきに耳をすませる――。ノンフィクションライターの石戸諭氏が15ページの長編ルポを寄稿。沖縄で聴こえてきたのは、自由で多層な狂詩曲だった。

ニュース速報

ビジネス

第4四半期の台湾GDP、1年半ぶりの高い伸び

ビジネス

くら寿司、10年で店舗・売上倍増の計画 海外強化で

ビジネス

緩和方向意識した政策当分続く、海外リスクへの警戒緩

ビジネス

マレーシア航空にエールフランスが49%取得提示、J

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月