最新記事

イスラム教

フィリピン南部にイスラム教徒の自治政府が誕生? 住民投票実施したドゥテルテの狙いとは

2019年1月22日(火)17時35分
大塚智彦(PanAsiaNews)

モロイスラム解放戦線のアル・ハジ・ムラド・イブラヒム議長も住民投票に参加 Marconi Navales - REUTERS

<2017年、イスラム武装組織と国軍が激しい市街戦を繰り広げたミンダナオ島。その一部地域でイスラム教徒による自治政府参加を問う住民投票が行われた>

フィリピンの南部ミンダナオ島の自治地域とその周辺地域でイスラム教徒による自治を認めた「バンサモロ基本法」に基づき、自治地域加入の是非を問う住民投票が1月21日に行われた。投票結果が確定するには数日かかる見通しとなっている。

住民投票が実施されたのは同島西部にあるムスリム・ミンダナオ自治地域(ARMM)に所属するバシラン州などとその周辺のコタバロ市、北ラナオ州、コタバト州、スルタン・クダラット州などで有権者は約284万人。投票では「バンサモロ基本法」に基づくイスラム自治政府に各地域が参加するかどうかの是非を問うている。

フィリピンは人口の約93%がキリスト教徒でそのうち83%がカトリック信者というキリスト教徒が多数派の国であるが、イスラム教徒も全人口の約5%存在し、南部ミンダナオ島などではイスラム教徒は人口の20%を超えている。イスラム教徒は長年中央政府に対し独立と自治を求めて武装闘争を含めた抵抗運動を続けてきた歴史があり、何度となく和平交渉がもたれたが、恒久的な和平の完全実現には至っていない。

今回の投票結果で過半数が賛成した自治体はイスラム自治政府に編入されることになり、和平実現に向けた大きな一歩となるとみられている。

2018年7月に成立した「バンサモロ基本法」によれば、自治政府には高度な自治が認められ、予算の立案、執行権が付与されるほか、地域内のイスラム教徒にはイスラム法に基づく司法制度も適用されることになる。

このため今回の住民投票によって、武装闘争を続けている「モロイスラム解放戦線(MILF)」などイスラム武装組織との間で紛争解決、和平実現に向けた具体的な動きが加速するものと期待されている。


住民投票の様子を伝える現地メディア ABS-CBN News / YouTube

ニュース速報

ビジネス

ロシュ、新型コロナ感染者向け試薬で米FDAの緊急使

ビジネス

台湾、外資ハイテク誘致で新制度 13億ドルの投資呼

ワールド

政府のコロナ対応、G7全体で信頼感低下 日本のみ上

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに28人の感染確認=報道

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月