最新記事

感染症

1月だけで死者115人、デング熱大流行の兆し インドネシア、非常事態宣言も

2019年1月31日(木)12時42分
大塚智彦(PanAsiaNews)

デング熱に感染して手当を受ける赤ちゃん Beawiharta Beawiharta / REUTERS

<寒波とともにインフルエンザが流行する日本と対照的に、熱帯のインドネシアでは雨期になってデング熱の感染者が急増している>

インドネシアではこの2019年1月だけでこれまでに100人以上が死亡するなど、熱帯・亜熱帯の感染症デング熱が流行の兆しを見せている。インドネシア保健省は国民に警戒を呼びかけているが、2、3月にはさらに感染が拡大する可能性もあり、対策が急務となっている。

保健省が1月29日に公表したデング熱感染に関する最新情報によると、1月1日から28日までの間に発生したデング熱の感染件数は1万2000件で、死者は115人にのぼっているという。これは2018年1月の感染6000件、死者25人を大きく上回っており、流行の兆しをみせているという。

これまでに死者が出ているのは16の州で、最も多いのが東ジャワ州の41人、北スラウェシ州の13人、東ヌサテンガラ州の12人などとなっている。

こうした全国での感染者急増の事態を受けて、保健当局は東ヌサテンガラ州クパンと西マンガライ県、中部カリマンタン州カブアス県、北スラウェシ州で「デング熱非常事態宣言」を発令して特に警戒を呼びかけている。

雨期の水溜りで発生する蚊に注意

デング熱は熱帯や亜熱帯でヒトスジシマカやネッタイシマカという蚊が人を刺すことによって感染するデングウィルスによる感染症で、潜伏期間は3~7日間。発症すると高熱や頭痛、関節痛、発疹などの症状がでるとされる。数日の発熱期間を過ぎると自然に治るが、まれに治癒せずにデング出血熱を発症、重篤になる場合もあるという。

感染源となる蚊は、雨期にできる水溜りなどでメスが一度に数百個産卵し、約2日で羽化するとされる。活動が活発になるのは午前10時から午後3時の間とされ、小中学生が学校で刺される事例が多く起きているという。

一説ではデング熱を媒介する蚊は3年ごとに異常発生する周期があるとされ、2019年はその異常発生にあたる年とされ、特に警戒が必要といわれている。

デング熱にはワクチンや治療薬はなく、症状に応じた対症療法しかない。自衛策としては長袖、長ズボンを着用してできる限り肌の露出を避けることのほか、特に外出時には市販の防虫スプレーなどで予防することが必要という。

ニュース速報

ビジネス

豪政府、19/20年度の経済成長・財政黒字見通しを

ビジネス

企業の消費者物価見通し、1年後+0.8%=12月日

ワールド

米、中国大使館員2人を国外退去 軍基地へ侵入図る=

ワールド

タイ首都で抗議集会、14年のクーデター以降で最大規

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられる 大ヒットを支えた「ドベ」とは?

  • 2

    英総選挙、驚きの保守党圧勝を読み解くと

  • 3

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 4

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 5

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 6

    英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

  • 7

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 10

    中国組織が暗躍、麻薬密輸は瀬取り化 フィリピン「超…

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 4

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 5

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 6

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 9

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 10

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月