最新記事

感染症

1月だけで死者115人、デング熱大流行の兆し インドネシア、非常事態宣言も

2019年1月31日(木)12時42分
大塚智彦(PanAsiaNews)

デング熱に感染して手当を受ける赤ちゃん Beawiharta Beawiharta / REUTERS

<寒波とともにインフルエンザが流行する日本と対照的に、熱帯のインドネシアでは雨期になってデング熱の感染者が急増している>

インドネシアではこの2019年1月だけでこれまでに100人以上が死亡するなど、熱帯・亜熱帯の感染症デング熱が流行の兆しを見せている。インドネシア保健省は国民に警戒を呼びかけているが、2、3月にはさらに感染が拡大する可能性もあり、対策が急務となっている。

保健省が1月29日に公表したデング熱感染に関する最新情報によると、1月1日から28日までの間に発生したデング熱の感染件数は1万2000件で、死者は115人にのぼっているという。これは2018年1月の感染6000件、死者25人を大きく上回っており、流行の兆しをみせているという。

これまでに死者が出ているのは16の州で、最も多いのが東ジャワ州の41人、北スラウェシ州の13人、東ヌサテンガラ州の12人などとなっている。

こうした全国での感染者急増の事態を受けて、保健当局は東ヌサテンガラ州クパンと西マンガライ県、中部カリマンタン州カブアス県、北スラウェシ州で「デング熱非常事態宣言」を発令して特に警戒を呼びかけている。

雨期の水溜りで発生する蚊に注意

デング熱は熱帯や亜熱帯でヒトスジシマカやネッタイシマカという蚊が人を刺すことによって感染するデングウィルスによる感染症で、潜伏期間は3~7日間。発症すると高熱や頭痛、関節痛、発疹などの症状がでるとされる。数日の発熱期間を過ぎると自然に治るが、まれに治癒せずにデング出血熱を発症、重篤になる場合もあるという。

感染源となる蚊は、雨期にできる水溜りなどでメスが一度に数百個産卵し、約2日で羽化するとされる。活動が活発になるのは午前10時から午後3時の間とされ、小中学生が学校で刺される事例が多く起きているという。

一説ではデング熱を媒介する蚊は3年ごとに異常発生する周期があるとされ、2019年はその異常発生にあたる年とされ、特に警戒が必要といわれている。

デング熱にはワクチンや治療薬はなく、症状に応じた対症療法しかない。自衛策としては長袖、長ズボンを着用してできる限り肌の露出を避けることのほか、特に外出時には市販の防虫スプレーなどで予防することが必要という。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月