最新記事

シンガポール

これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

2018年12月3日(月)12時38分
大塚智彦(PanAsiaNews)

年末の紅白歌合戦にも出場できそう? Channel NewsAsia / YouTube

<シンガポールでミス・ユニバースをめぐり賛否が巻き起こっている。世界大会用に用意されたドレスのデザインがとんでもないシロモノだったからだ>

12月16日にタイの中部バンコク北西部にあるノンタブリー県ムアントンタニで開催される「ミス・ユニバース世界大会」に出場するシンガポール代表が着用する衣裳を巡ってシンガポール国内で賛否(賛成は少数)が渦巻いている。

ドレスのデザインは、背中に大きな鳩のような白い羽をあしらい、下半身を覆う半円形のスカート状の衣装前面には、北朝鮮国旗と米国旗が描かれた腕が左右から伸びて下半身の中央で握手しているというものだ。

これは2018年6月12日に、トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党書記長による初の米朝首脳会談がシンガポールで開催されたことにちなんだものだ。

シンガポールはこの首脳会議が自国で開催されたことを「世界平和に貢献する歴史的出来事」として自国開催を自画自賛。結果としてあまり実質的な成果のなかった首脳会談だったのにかかわらず、メディアも開催前から現在に至るまで「会談実施の歓迎と評価」を大々的にアピールしている。

さて、この「奇抜」なデザインの衣装を「ミス・ユニバース」のシンガポール代表として世界大会の場で着用するザラ・カナムさん(24)は「まるで天使のようなイメージで真の世界平和を象徴しているようだ」と歓迎するコメントを発表した。

ところが11月29日にこの衣装が公表された直後からインターネットを中心に国民の反応が寄せられ、その大半がデザインを酷評する批判だったという。

政府による報道管制で当局を批判することがほとんどないシンガポールのメディアの中にも「この衣装を着用する代表があまりにみじめだ」という論調を展開するところも一部ででるなど国を挙げて「非難ごうごう」となっている。

有名デザイナーの発案

この問題となっている衣装のデザインを手がけたのはシンガポールでは有名なデザイナー、モエ・カシム氏(48)でミス・ユニバース代表の衣装を3年連続で担当している実績がある。カシム氏は「世界平和を希求する美のクイーンをイメージした」と説明。製作に約3カ月を要したという。

衣装はロイヤル・ブルーガウンと称され、米朝国旗をあしらった腕による握手が描かれた下部にはシンガポールを象徴するマーライオンやマリーナベイサンズなどが小さく描かれている。

こうしたデザインに国民からは「シンガポールが誇れるのは会談の開催場所になったことだけなのか」「シンガポール国旗がないのはおかしいだろう」「ダサくて醜く、センスを疑う」などと激しい批判の嵐が吹き荒れている。

地元メディアにはデザイン発表からわずか6時間の間に約500件の反響が寄せられたが、その大半は否定的な意見だったという。

ニュース速報

ワールド

インド、国内線の運航再開へ コロナの新規感染者は過

ワールド

中国本土のコロナ新規感染者は11人、前日から増加

ビジネス

アングル:市場にコロナバブルの声、実体経済と乖離 

ワールド

香港で「テロリズム」拡大、国家安全法は必要=治安部

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月