最新記事

シンガポール

これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

2018年12月3日(月)12時38分
大塚智彦(PanAsiaNews)

年末の紅白歌合戦にも出場できそう? Channel NewsAsia / YouTube

<シンガポールでミス・ユニバースをめぐり賛否が巻き起こっている。世界大会用に用意されたドレスのデザインがとんでもないシロモノだったからだ>

12月16日にタイの中部バンコク北西部にあるノンタブリー県ムアントンタニで開催される「ミス・ユニバース世界大会」に出場するシンガポール代表が着用する衣裳を巡ってシンガポール国内で賛否(賛成は少数)が渦巻いている。

ドレスのデザインは、背中に大きな鳩のような白い羽をあしらい、下半身を覆う半円形のスカート状の衣装前面には、北朝鮮国旗と米国旗が描かれた腕が左右から伸びて下半身の中央で握手しているというものだ。

これは2018年6月12日に、トランプ米大統領と金正恩・朝鮮労働党書記長による初の米朝首脳会談がシンガポールで開催されたことにちなんだものだ。

シンガポールはこの首脳会議が自国で開催されたことを「世界平和に貢献する歴史的出来事」として自国開催を自画自賛。結果としてあまり実質的な成果のなかった首脳会談だったのにかかわらず、メディアも開催前から現在に至るまで「会談実施の歓迎と評価」を大々的にアピールしている。

さて、この「奇抜」なデザインの衣装を「ミス・ユニバース」のシンガポール代表として世界大会の場で着用するザラ・カナムさん(24)は「まるで天使のようなイメージで真の世界平和を象徴しているようだ」と歓迎するコメントを発表した。

ところが11月29日にこの衣装が公表された直後からインターネットを中心に国民の反応が寄せられ、その大半がデザインを酷評する批判だったという。

政府による報道管制で当局を批判することがほとんどないシンガポールのメディアの中にも「この衣装を着用する代表があまりにみじめだ」という論調を展開するところも一部ででるなど国を挙げて「非難ごうごう」となっている。

有名デザイナーの発案

この問題となっている衣装のデザインを手がけたのはシンガポールでは有名なデザイナー、モエ・カシム氏(48)でミス・ユニバース代表の衣装を3年連続で担当している実績がある。カシム氏は「世界平和を希求する美のクイーンをイメージした」と説明。製作に約3カ月を要したという。

衣装はロイヤル・ブルーガウンと称され、米朝国旗をあしらった腕による握手が描かれた下部にはシンガポールを象徴するマーライオンやマリーナベイサンズなどが小さく描かれている。

こうしたデザインに国民からは「シンガポールが誇れるのは会談の開催場所になったことだけなのか」「シンガポール国旗がないのはおかしいだろう」「ダサくて醜く、センスを疑う」などと激しい批判の嵐が吹き荒れている。

地元メディアにはデザイン発表からわずか6時間の間に約500件の反響が寄せられたが、その大半は否定的な意見だったという。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月