最新記事

白人至上主義

米警察はネオナチより極左アンティファがお嫌い

California Police Tried to Charge Injured Antifa

2018年12月6日(木)15時40分
キャサリン・ヒグネット

アメリカではネオナチなど極右勢力に対抗する極左アンティファが台頭し、両者の衝突は年々増えている Elijah Nouvelage-REUTERS

<白人至上主義団体との衝突で刺傷させられたアンティファを、警察が執拗に捜査対象にしてきたことが分かった>

2016年6月26日、米カリフォルニア州サクラメントで白人至上主義団体が集会を開くと、それに抗議するアンティファ(アンチ・ファシストの略)の集団と衝突して暴動に発展。数名の活動家が刃物で切りつけられた。

英紙ガーディアンの報道によれば、警察は事件後、アンティファ100人の身元を調べ、暴動に関わったとして約500件を起訴するよう検察当局に勧告した。そのうちの8人は抗議中に刺されるか殴打されていた。

だが白人至上主義とつながりのある22人の男について警察が起訴勧告したのはわずか5件で、ほとんどが軽い罪だった。今のところ、刺傷では誰も起訴されていない。

暴動および暴行容疑で起訴されたアンティファ3人の代理人を務める弁護士たちは今週、裁判の審理が始まるのを前に、警察側がまとめた100件以上の報告書を読み返して新たな事実を明らかにした。

それらの報告書から、警察が2人のアンティファを起訴する根拠として、左派団体や先住民の人権団体とのつながりやソーシャルメディアの投稿などを利用していたことが分かった。

ガーディアンは以前、集会で負傷後に警察の捜査対象とされた2人の活動家に話を聞いた。そのうちの1人は暴動を扇動し自らもそれに参加した容疑で起訴された。新たな資料から、刺傷または殴打された抗議者がさらに6人、容疑者として警察に追われていたことも明らかになった。

アンティファが捜査の標的に

身元を特定されたアンティファ全員が警察の捜査対象になったと、ガーディアンは報じた。切りつけられて負傷した抗議者の1人を、警察は暴行や治安を乱した行為を含む10以上の容疑で起訴しようとしたという。彼が現場で持っていた木製のスケートボードは「殺傷力のある凶器」、バンダナは「顔を隠す道具」と見なされた。

警察は別のアンティファについても、「自ら負傷しながらも暴動に参加していた」という理由で起訴勧告した。彼は頭骨を骨折し、顔と頭部を打撲する重傷を負ったと、報告書に記載されていた。

白人至上主義団体の関係者で起訴されたのはウィリアム・スコット・プレーナー1人だけだったと、地元紙サクラメント・ビーは報じた。

アンティファ側では、イベット(イボンヌ)・フェラーカ、ポルフィリオ・パズ、マイケル・ウィリアムの3人が起訴された。そのうちフェラーカは、重傷を負ってなお起訴された唯一の活動家だった。

最近では12月1日にドイツ東部の町オストリッツで、右翼のロックバンドが出演したコンサート中に聴衆が法律で禁止されているナチス・ドイツのスローガン「ジークハイル」(勝利万歳)を叫び出したため、地元警察がコンサートを中止させる騒ぎがあった。

地元メディアの報道によれば、ドイツでは現在、逮捕状が出ている500人近くの極右の活動家が逃走中という。その相当数が、凶悪犯罪で指名手配されている。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    【要注意】スマホやヘッドフォンで若者たちが感電死

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月