最新記事

SNS

ソーシャルメディアの友人関係に束縛される中高生

2018年12月5日(水)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

女子中高生は友人から嫌われまいと常にスマホの画面に見入っている praetorianphoto/iStock. 

<ケータイ・スマホのソーシャルを介した友人関係に縛られて苦しむ中高生が増えた今、彼らは友人が多いことを「よい」こととは思えなくなっている>

「学校では生涯にわたる友をつくれ」と言われる。成長に伴い、思考や考え方に影響を及ぼす「重要な他者」は、家族から仲間集団へとシフトする。青少年の健全な発達にとって友人関係は大きな意義を持っており、友人の数と生活満足度(幸福度)は比例すると言われる。

しかし、最近では状況が変わっている。友人の多さを「よい」とは考えない若者が増えている。博報堂生活総研の調査データにて、「友人は多ければ多いほどよい」と考える20代男女の比率の推移を見ると<図1>のようになる。

maita181205-chart01.jpg

ご覧のように、男女とも右下がりの傾向にある。1998年では男性が59.4%、女性が64.2%だったが、20年弱を経た2016年では順に33.1%、23.8%でしかない。女性は半分以下にまで減っている。

SNSの普及により、時間や場所を問わない交友(束縛)に疲れているためだろう。「KY(空気読めない)」という言葉に象徴されるように、友人間での同調圧力が強まっていることも見逃せない。昔は自然な形でなされていた友人関係にも、いろいろと面倒な「スキル」が求められる時代だ。友人の多さをよしとしない人が増えているのはうなずける。

「コミュニケーション力」果ては「人間力」といった言葉で、人間の一挙手一投足までを「スキル化」するのはよくない。本来は多様であって然るべき事柄(身振り、話し方......)においてまで、劣等感が生じることにもなる。「**力」という言葉をやたらに用いるのは止めた方がいい。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月