最新記事

SNS

ソーシャルメディアの友人関係に束縛される中高生

2018年12月5日(水)15時40分
舞田敏彦(教育社会学者)

女子中高生は友人から嫌われまいと常にスマホの画面に見入っている praetorianphoto/iStock. 

<ケータイ・スマホのソーシャルを介した友人関係に縛られて苦しむ中高生が増えた今、彼らは友人が多いことを「よい」こととは思えなくなっている>

「学校では生涯にわたる友をつくれ」と言われる。成長に伴い、思考や考え方に影響を及ぼす「重要な他者」は、家族から仲間集団へとシフトする。青少年の健全な発達にとって友人関係は大きな意義を持っており、友人の数と生活満足度(幸福度)は比例すると言われる。

しかし、最近では状況が変わっている。友人の多さを「よい」とは考えない若者が増えている。博報堂生活総研の調査データにて、「友人は多ければ多いほどよい」と考える20代男女の比率の推移を見ると<図1>のようになる。

maita181205-chart01.jpg

ご覧のように、男女とも右下がりの傾向にある。1998年では男性が59.4%、女性が64.2%だったが、20年弱を経た2016年では順に33.1%、23.8%でしかない。女性は半分以下にまで減っている。

SNSの普及により、時間や場所を問わない交友(束縛)に疲れているためだろう。「KY(空気読めない)」という言葉に象徴されるように、友人間での同調圧力が強まっていることも見逃せない。昔は自然な形でなされていた友人関係にも、いろいろと面倒な「スキル」が求められる時代だ。友人の多さをよしとしない人が増えているのはうなずける。

「コミュニケーション力」果ては「人間力」といった言葉で、人間の一挙手一投足までを「スキル化」するのはよくない。本来は多様であって然るべき事柄(身振り、話し方......)においてまで、劣等感が生じることにもなる。「**力」という言葉をやたらに用いるのは止めた方がいい。

ニュース速報

ワールド

シンガポール、2020年GDP見通しを再び下方修正

ビジネス

中国人民銀行がリバースレポ実施、約2カ月ぶり=市場

ワールド

メキシコ市の死者、過去4年の平均を8000人上回る

ワールド

制限緩和に動く欧州諸国、再ロックダウン回避に自信

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月