最新記事

宇宙開発

ソユーズ打ち上げ失敗、有人ロケットをロシアに依存してきた各国の宇宙計画のあやうさ

2018年10月17日(水)19時00分
鳥嶋真也

10月11日に行われたソユーズの打ち上げ。この後トラブルにより失敗した Rosaviation/REUTER

ロシア国営宇宙企業「ロスコスモス」は2018年10月11日、2人の宇宙飛行士を乗せた「ソユーズMS-10」宇宙船を、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げた。しかし、宇宙船を載せたロケットに不具合が発生。宇宙船はロケットから離脱し、緊急着陸した。2人に大きな怪我はなかった(参考)。

ロケットの打ち上げ失敗という大事故にもかかわらず、宇宙飛行士の命が救われたことは、ソユーズの安全性の高さを示している。しかし一方で、そもそも事故が起きた原因、背景を取り除かない限り、その安全性もいつか崩壊しかねない。

事故の顛末

ソユーズMS-10宇宙船には、ロシアのアレクセイ・オフチニン宇宙飛行士と、米国のニック・ヘイグ宇宙飛行士の2人が搭乗していた。両名は国際宇宙ステーション(ISS)に向かい、約半年間の宇宙滞在を行う予定だった。

宇宙船はロケットに搭載され、日本時間11日17時40分(現地時間11日14時40分)に、カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。しかし、燃料を使い切った機体を分離する際に何らかのトラブルが発生した。

それを受け、宇宙船に装備されている緊急脱出装置が起動し、ソユーズMS-10はロケットから離脱。パラシュートを展開して降下し、カザフスタン内の草原地帯に着陸した。捜索救助隊が現場へ急行し、オフチニン、ヘイグ両宇宙飛行士を救出。2人に怪我はなく、健康状態も良好だという。

10月14日現在、事故の詳細や原因などはまだ不明だが、ロスコスモスのドミトリー・ロゴージン社長は、この事故を受けて、原因究明のための国家委員会を立ち上げたと発表している(参考)。

torishima1015b.jpg

ソユーズ・ロケットにトラブルが発生した瞬間。部品、破片などが散らばっている様子が写っている (C) NASA/Bill Ingalls

ロケットの打ち上げ失敗という大事故にもかかわらず、宇宙飛行士の命が救われたことは、ソユーズ宇宙船の安全性がいかに高いかを示している。

ソユーズには、打ち上げのどのタイミングで事故が起きても機能する脱出装置が搭載されている。過去、ソユーズは1975年と1983年にも打ち上げで事故を起こしているが、いずれのケースでも脱出装置が機能したことで、宇宙飛行士の命は救われている。今回を含めた実績から見るに、安全性の高さは折り紙付きといってよい。

RTX6EQIE.jpg

ソユーズから緊急脱出した宇宙飛行士のカプセルは、カザフスタンに着陸した Shamil Zhumatov-REUTERS


今回の事故が示唆するロシア宇宙開発の弱体化

しかし、そもそも脱出装置が必要な事態が起こったことは、深刻な問題として受け止められるべきだろう。

今回の事故の詳細はまだ明らかになっていないが、悪天候などの外的要因説はすでに取り除かれており、原因は技術的なところにあると見られている。ロケットの組み立て、部品の製造、品質管理など、どの時点でどういう見落としがあったかが焦点となろう。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月