最新記事

生命科学

子作りにもうオスはいらない? ネズミの同性ペアの生殖に成功

Chinese Scientists Create Mice With Same-Sex Parents

2018年10月12日(金)15時00分
アリストス・ジョージャウ

今回の研究でメス2匹の両親から生まれた子供と、そのまた子供たち Leyun Wang

<中国の研究チームがネズミのメス同士の生殖に成功。人間の同性カップルも子供が持てる日はくるか>

最新の遺伝子編集技術を使って、中国科学院の研究チームが、2匹のメスのネズミから採取したDNAを使って健康で生存能力のあるマウスの子供を作ることに成功した。オスの精子やDNAは使われていない。

幹細胞医療の専門誌「セル・ステム・セル」に発表された論文によると、研究チームは2匹のオスからも子供を作ったが、2~3日しか生きられなかった。科学的に、オス同士の子作りはメス同士の子作りより難しいという。

この研究の趣旨は、哺乳類ではなぜこれほど同性だけの生殖が難しく、その障害をいかに克服できるか、という点にある。

「動物には無性生殖(単独で生殖)、単為生殖(同性だけの生殖)、有性生殖(2つの個体間での生殖)の3種類の生殖モデルがあるが、哺乳類は有性生殖しかできない」と、研究者のジョウ・チーは本誌の取材に語った。「なぜなのか? その疑問に関心を抱いた」

爬虫類、両生類、魚類など他の生物では単為生殖が可能なのに、哺乳類はこの能力を持たない。研究施設内の繁殖技術を用いても、達成するのは困難だ。

「哺乳類の生殖は、オスとメスの両性から精子と卵子を通じて、異なりかつ相互補完する遺伝子コードを受け取ることが前提になっている」と、メルボルン大学幹細胞システムセンターのメーガン・ムンシー副所長は述べている。「このプロセスはインプリンティング(刷り込み)と呼ばれ、哺乳類の精子と卵子に組み込まれている」

両親から遺伝子情報を受け取らなかった哺乳類の子供は、成長異常を起こす。死ぬ場合もある。

だが今回、中国の研究チームは、ネズミの胚性幹細胞(ES細胞)を使ってメスの遺伝子だけから子供の生成に成功した。一方のES細胞からメスの特徴を消して卵子に入れるなどして、健康な子を誕生させた。

生まれたのは健康な子供のネズミが29匹。それが成長してまた自分たちの子供も作ることができた。しかしこの生殖プロセスは効率が悪く、210のES細胞から1つの子供が生成できるという非常に低い確率だった。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月