最新記事

教育

子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

2018年10月18日(木)17時30分
松丸さとみ

本が何冊あったかが一生を左右!? FlairImages-iStock

<31カ国、16万人を対象に行われた調査で、16歳の時に家に本が何冊あったかが、大人になってからの読み書き能力、数学の基礎知識、ITスキルの高さに比例することが明らかになった>

自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右!?

学生の頃、自宅にどれだけの本があったか、覚えているだろうか? 16歳の時に家に本が何冊あったかは、大人になってからの読み書き能力、数学の基礎知識、ITスキルの高さに比例することが、このほど行われた大規模な調査で明らかになった。研究者らは、「子どもの頃に自宅で紙の本に触れることで、一生ものの認知能力を高めることができる」としている。

調査を行ったのは、オーストラリア国立大学と米ネバダ大学の研究者たちだ。2011〜2015年に31の国と地域で、25〜65歳の16万人を対象に行われた「国際成人力調査」のデータを分析した。結果は学術誌ソーシャル・サイエンス・リサーチに発表されている。英ガーディアン紙が10月10日付12日付で報じた。

調査では、16歳の時に自宅に何冊本があったか、と参加者に質問。その後、読み書き能力、数字、情報通信技術(ICT)のテストを受けてもらった。

その結果、本がほぼない家庭で育った場合、読み書きや算数の能力が平均より低かった。自宅にあった本の数とテストの結果は比例し、テストが平均的な点数になるのは自宅に80冊ほどあった場合だった。ただし350冊以上になると、本の数とテスト結果に大きな関係性はみられなくなったという。

本に囲まれて育った中卒と本がなかった大卒が同じ学力

さらに、最終学歴が日本で言うところの中学卒業程度(13〜14歳)であっても、たくさんの本に囲まれて育った人は、大人になってからの読み書き能力、算数、IT能力が、本がほぼない家で育った大卒の人と同程度(どちらも全体の平均程度)だということが分かった。読み書きや数学の基礎知識において、子どもの時に本に触れることは教育的な利点が多いと研究者たちは述べている。

興味深いのは、「言葉の読み書き」(いわゆる文系の能力)と「数字」(いわゆる理系の能力)が別物だと考える人が多いと思われる中、今回の調査では、自宅に多くの本があると、このどちらも強化することがわかったということだ。研究者らは「これは予期していなかった」とし、「子どもの時に本を読めば大人になって文字を読むのが得意になる、という単純な話ではない。読み書きとはまったく異なる、デジタル環境にも繋がるということだ」と説明する。

ただし、これら自宅の本を必ずしも読めなければ効果がないというわけではなく、また単純に「本を読む」という行為によりこうした能力が伸びるというわけではなく、何が利点になっているのかを特定するのは難しいと研究チームは話す。「ただ本をたくさん読みなさい」というシンプルな話ではなく、大切なのは「子どもたちが、親や他の人たちが本に囲まれている様子を目にすること」だとしている。

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 2

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

  • 3

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

  • 4

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 8

    数学が得意な日本で、なぜ三角関数が嫌われる?

  • 9

    北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 10

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月