最新記事

アーティスト

革新者オノ・ヨーコが語る「走り続けた」50年

YOKO ONO

2018年10月12日(金)16時50分
ザック・ションフェルド

伝説のパフォーマンス「ベッド・イン」の再現イベント Kevin Mazur/GETTY IMAGES FOR THE JOHN LENNON EDUCATIONAL TOUR BUS

<ジョンとヨーコのアルバム『トゥー・ヴァージンズ』の発表から50年――今なお最先端のアーティストとして活動するオノ・ヨーコに聞いた>

オノ・ヨーコとジョン・レノンは1968年、フルヌードのジャケット写真に前衛音楽を詰め込んだアルバム『トゥー・ヴァージンズ』を発表してビートルズファンを驚愕させた。それから50年、世界がようやくオノに追い付きつつあるようだ。

何十年もの間オノは、ビートルズの解散の要因になったと不当に非難され続け、彼女のアーティストとしての才能は軽んじられてきた。だがそれも、結局はロックの世界に長年巣食っていた女性蔑視の空気を反映していたにすぎない。オノの前衛性と大衆性を兼ね備えたアーバンポップな作品と超現実主義、反戦の姿勢は、今また新たな世代にも受け入れられつつある。
 
85歳になったオノは9月、1969年にレノンと共に行ったベトナム戦争反対の伝説のパフォーマンス「ベッド・イン」の再現イベントをニューヨークで行った。ただし今度は、元ビートルズのリンゴ・スター(冒頭写真中央)と俳優のジェフ・ブリッジス(同右)とのベッド・インだ。さらに10月19日には新アルバム『ウォーゾーン』を発表する。平和へのメッセージをちりばめ、「イマジン」も収録したオノに、メールで話を聞いた。

***


――歴史的なベッド・インを再現するのはどんな気分だった?

リンゴが温かな雰囲気を振りまき、終始みんなを笑わせてくれた。彼はこの(レノンの代わりの)役にうってつけだった。

――『ウォーゾーン』で、80年代に発表したレーガン時代のミサイル防衛構想に抗議する楽曲を多数使用した意図は。

今の状況と重なっているから。歌の内容が現在に当てはまることに、驚きあきれている。

――73年の楽曲「ウーマン・パワー」では「女性の世界の到来」を歌った。当時、#MeToo 運動なんて予想できた?

私が曲に書く出来事は大抵、すごく後になって現実になる。

――(昨年、作詞・作曲にレノンと共にオノの名前が公式に追加された)「イマジン」に対する姿勢は変わったか。

何も変わらない。ジョンと私はこの曲に精神的エネルギーをそそぎ込んだ。(この歌は)長い間残り続けると思っていた。

――ドナルド・トランプが大統領に選ばれた時、あなたは自らのツイッターに怒りの叫び声を音声で投稿した。ここまでのトランプの仕事ぶりをどう思う?

現時点で、彼は不適切な人物だ。でもこの世界の誰しも、変わることができる。

――あなたは50年以上にわたり革新者として走り続けた。長く生き延びる秘訣は?

こんなの長いとも思わない。これからもあと50年は続けられたらいいと思う。

本誌2018年10月12日号[最新号]掲載

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 7

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 8

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月