Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2018.10.16号(10/10発売)

特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

2018年10月16日号(10/10発売)

Cover Story

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

経済モデル 循環型経済で地球の未来を救え
ケーススタディー 循環社会への新たな挑戦
理想と利益を追求し食品ロスをなくす/ヨーグルトのかすがジェット燃料に
相乗りで交通の無駄を解消/火山灰のコンクリートが都市の省エネを促進
ロンドンの消火ホースを粋なバッグに/コオロギ食は地球と体に優しい
トマトの廃棄物を使った夢の微生物燃料電池/「プラスチックゼロ」世界初の店が出現
100%再利用できる魔法のじゅうたん/自然と調和する布素材を求めて
スタバとマックが挑む使い捨てカップ革命/水と電気と微生物から食料生産
残り物のパンが美味なビールに/廃棄物の活用でレア資源を節約フリマアプリで所有から利用へ
雑草を資源に変える合鴨農法/プラスチックを食べるバクテリア
海洋汚染 プラスチックから海を守る
調査 海岸ゴミを減らすデポジット制度
視点 生産型から循環型へ経済の大変革が始まった
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!
【PERISCOPE】
InternationaList
KOSOVO コソボとセルビア「領土交換」の落とし穴
MYANMAR スーチーを追い込む制裁と弾圧
NORTH KOREA 世界中でせっせとカネを盗む北ハッカー
RUSSIA ロシア宇宙船に穴を開けた犯人は誰だ
BY THE NUMBERS 超富裕層が急増した意外な国
NORWAY ノーベル平和賞のテーマが性暴力の訳
UNITED STATES トランプに中国を制する切り札あり
CHINA 観光地を訪れた7億人の旅行者たち
Asia
JAPAN 安倍「長期政権」がスルーした安保ビジョン
U.S. Affairs
国際法廷でイランが米に「勝訴」
トランプ帝国の原資は脱税と親の金だった?
Business
アマゾン最低時給を上げたベゾスの本心は
【FEATURES & ANALYSIS】
日本 日韓を翻弄する旭日旗の呪縛
北朝鮮 米朝ディールが再始動する日
イギリス 合意なき離脱は経済的な自殺行為
主張 英離脱がもたらす欧州秩序の崩壊
貿易摩擦 米中通貨戦争へ秒読み開始
医療 ニキビワクチンが悩める若者を救う
【LIFE/STYLE】
Celebrities 熱々セリーナ夫婦は理想?それとも?
Kids 太るかどうかは幼少期の「菌」で分かる
Architecture ポストモダン建築の異才が遺したもの
Televition SNS世代の「新たな恋人」
Movies トランプ時代にLBJ大統領を再評価
Books オバマも称える歴史学者が未来を読む
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 最高裁判事候補にも「#MeToo」(パックン)
Picture Power カタルーニャの独立の火は消えず
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中