Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.10.16号(10/10発売)

特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

2018年10月16日号(10/10発売)

Cover Story

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

経済モデル 循環型経済で地球の未来を救え
ケーススタディー 循環社会への新たな挑戦
理想と利益を追求し食品ロスをなくす/ヨーグルトのかすがジェット燃料に
相乗りで交通の無駄を解消/火山灰のコンクリートが都市の省エネを促進
ロンドンの消火ホースを粋なバッグに/コオロギ食は地球と体に優しい
トマトの廃棄物を使った夢の微生物燃料電池/「プラスチックゼロ」世界初の店が出現
100%再利用できる魔法のじゅうたん/自然と調和する布素材を求めて
スタバとマックが挑む使い捨てカップ革命/水と電気と微生物から食料生産
残り物のパンが美味なビールに/廃棄物の活用でレア資源を節約フリマアプリで所有から利用へ
雑草を資源に変える合鴨農法/プラスチックを食べるバクテリア
海洋汚染 プラスチックから海を守る
調査 海岸ゴミを減らすデポジット制度
視点 生産型から循環型へ経済の大変革が始まった
【PERISCOPE】
InternationaList
KOSOVO コソボとセルビア「領土交換」の落とし穴
MYANMAR スーチーを追い込む制裁と弾圧
NORTH KOREA 世界中でせっせとカネを盗む北ハッカー
RUSSIA ロシア宇宙船に穴を開けた犯人は誰だ
BY THE NUMBERS 超富裕層が急増した意外な国
NORWAY ノーベル平和賞のテーマが性暴力の訳
UNITED STATES トランプに中国を制する切り札あり
CHINA 観光地を訪れた7億人の旅行者たち
Asia
JAPAN 安倍「長期政権」がスルーした安保ビジョン
U.S. Affairs
国際法廷でイランが米に「勝訴」
トランプ帝国の原資は脱税と親の金だった?
Business
アマゾン最低時給を上げたベゾスの本心は
【FEATURES & ANALYSIS】
日本 日韓を翻弄する旭日旗の呪縛
北朝鮮 米朝ディールが再始動する日
イギリス 合意なき離脱は経済的な自殺行為
主張 英離脱がもたらす欧州秩序の崩壊
貿易摩擦 米中通貨戦争へ秒読み開始
医療 ニキビワクチンが悩める若者を救う
【LIFE/STYLE】
Celebrities 熱々セリーナ夫婦は理想?それとも?
Kids 太るかどうかは幼少期の「菌」で分かる
Architecture ポストモダン建築の異才が遺したもの
Televition SNS世代の「新たな恋人」
Movies トランプ時代にLBJ大統領を再評価
Books オバマも称える歴史学者が未来を読む
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 最高裁判事候補にも「#MeToo」(パックン)
Picture Power カタルーニャの独立の火は消えず

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 2

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 3

    なぜトランプは平気で「ウソ」をつけるか──ヒトラーとの対比から

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    ポンペオの「Huaweiは嘘つき」発言を検証する

  • 7

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    感染広がる反ワクチン運動から子供を守れ(パックン)

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 10

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!