Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.10.23号(10/16発売)

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018年10月23日号(10/16発売)

Cover Story

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

ウイグル 再教育という名の民族弾圧
人権 絶望収容所の著名人たち
企業 「刑務所国家」で大儲けする会社
外交 ムスリム世界が悲劇を無視する訳

「アラブの冬」がやって来た

中東 ジャーナリスト殺人疑惑は欧米が独裁者の皇太子を放置した結果
【PERISCOPE】
InternationaList
UKRAINE 政治対立がロシア正教会を分断
JAPAN 日中アフリカ支援合戦の軍配は
TECHNOLOGY 「女性差別」でアマゾンがAI採用中止
UNITED STATES 大統領のカジノ口利きに効果はあるか
BY THE NUMBERS 「トランプ支持」ヒスパニック票の行方
GERMANY イデオロギーの隙間をドイツ極右が狙う
Asia
NORTH KOREA 北朝鮮不動産に韓国が熱視線
News Gallery
ソユーズ打ち上げ失敗の意味
U.S. Affairs
中間選挙後の民主党はトランプ弾劾を目指さない?
【FEATURES & ANALYSIS】
米外交 米・トルコ関係は牧師釈放で雪解け?
不法移民 アメリカが奪った子供を取り戻すまで
ドイツ 潰えたグリーン電力の夢
環境 厄介者の外来種は温暖化と戦うヒーロー
安全対策 LAの地下鉄でテロリストを丸裸に
【LIFE/STYLE】
Games 超アナログのピンボールが大復活
Sports プロレス史で読み解くトランプとアメリカ
Television 伝説の政治ドラマがトランプを斬る
Movies 異端の恐怖をみせる北欧ホラー『テルマ』
Movies 型破りな「オレ流」を探し求めて
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 脱税摘発の狙いは「一石十鳥」(唐辛子)
Picture Power カンボジアに狂乱を呼ぶチャイナマネー

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 2

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

  • 3

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、われわれは孤独だった?

  • 4

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    優秀過ぎるアジア人学生「締め出し」でハーバード大…

  • 8

    数学が得意な日本で、なぜ三角関数が嫌われる?

  • 9

    北朝鮮、日本政府に「徴用工」問題への介入を予告

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 5

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 10

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!