Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.10.30号(10/23発売)

特集:ケント・ギルバート現象

2018年10月30日号(10/23発売)

Cover Story

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

言論 出版界を席巻するケント・ギルバート現象
インタビュー 本人に直撃「僕は中道より少し右側」
データ 50万部超の「ケント本」、読者は誰なのか
アメリカ 主流になったオルト・ライト

「スマホで癌になる」は本当か

電磁波 携帯電話の危険性とは?WHOが警告し、細胞への影響を示す研究も
新事実 ブルーライトにご用心
リスク 電磁波の害が動植物に忍び寄る
【PERISCOPE】
InternationaList
SAUDI ARABIA 記者殺害でFOXとトランプに溝が?
GERMANY 緑の党がドイツ政治の王になる日
CHINA 「収容者は幸せ」と語る中国の詭弁
ITALY イタリア政府が難民支援の村を狙い撃ち
UNITED STATES ロシア疑惑の山場は中間選挙後に
Asia
THAILAND タイ国王の警備が強化される理由は
JAPAN 安倍訪中に経団連の利権あり
News Gallery
CANADA 大麻合法化のカナダで闇ルートが潤う?
Business
米中貿易戦争の棚ボタ勝者は誰だ
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 サウジvsトルコ、その対立の根源は
ネット グーグル中国再進出の打算と不安
菌類 ハチと養蜂家を救うキノコの秘めた力
【LIFE/STYLE】
Movies 2人の監督が語るトランプのカオス
Music スポティファイは音楽をこう変えた
Music 「イエロー」が取り戻した中国系移民の誇り
Games NBAゲーム『2K』がさらに進化
Television クールな「できる女」キム役でブレイク
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire トランプ警報に対応せよ!(パックン)
Picture Power 人工中絶が罪になる中南米の悲劇

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!