最新記事

災害

インドネシア政府、スラウェシ地震・津波の捜索11日で終了へ 怒りと落胆の被災者

2018年10月9日(火)12時25分
大塚智彦(PanAsiaNews)

瓦礫となった被災地で行方不明者の捜索は続いているが Athit Perawongmetha - REUTERS

<地震と津波の発生から10日が過ぎたインドネシア。被災地の実情を無視した杓子定規な政府の対応に批判が高まっている>

9月28日にインドネシア・スラウェシ島の中スラウェシ州で発生したマグニチュード7.4の地震とそれに伴う津波被害。行方不明となっている住民や倒壊した建物の瓦礫の下敷きになっている遺体の収容作業は依然として続いている。そんななか、インドネシア政府国家災害対策庁(BNPB)は10月7日、捜索救助活動を11日で終了する意向を明らかにし、行方が分からない家族を探している現地の被災者などからは怒りと落胆の声が上がる事態となっている。

BNPBや現地で捜索活動を続けるインドネシア国軍などによると、10月8日までの犠牲者は1944人に達し、重傷者は2549人、行方不明者は683人でこのうち152人は瓦礫の下敷きになっているとみられている。

日本の航空自衛隊C130輸送機によるカリマンタン島バリクパパン空港からのピストン輸送によるテント、浄水器、発電機などの救援物資の搬入などが6日から本格化した。一方、被害が大きかった州都パルやドンガラなどの地区では依然として行方不明者の捜索が国軍兵士、警察官、国家捜索救助庁(BASARNAS)、民間ボランティア団体、フランスからの救助隊などによって続けられている。

緊急対応は発生後2週間の規定

しかしBNPBは「行方不明者捜索及び遺体の回収作業は11日を以って終了とする」と発表した。BNPBではインドネシア災害関連規定では災害時の緊急対策期間が「発生から2週間をめどとする」と決められていることを根拠に「11日で2週間となる」として捜索・回収作業の中止を決めたとしている。

またBNPBでは地震による液状化現象で地盤沈下が激しい地区などに関しては「今後も瓦礫の撤去作業は続ける」としたうえで「瓦礫撤去後はもはや住居地区としては不適切なため整備して公園やスポーツ施設を建設したい」との意向を明らかにした。

こうしたBNPBによる杓子定規な捜索中止決定や被災地の跡地利用に早くも言及するような姿勢に対しては「家族が未だに見つからないのに中止は許されない」「家族親族だけでも捜索は続ける」「イスラム教徒は個人の亡骸をきちんと埋葬しないわけにはいかない」などの被災者からの怒りと落胆の声が地元紙を賑わせる事態となっている。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 8

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    お金持ちになりたいなら、もっとお金を使おう

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月