最新記事

インドネシア

大規模地震に襲われたロンボク島に新たな危機 復旧進まぬまま雨期到来でマラリア流行の兆し

2018年9月20日(木)21時32分
大塚智彦(PanAsiaNews)

避難所に蚊帳を吊るなど感染症対策が始まったロンボク島 KOMPASTV / YouTube

<災害時の避難所生活は日本でも衛生状態の悪化が心配されるが、インドネシアは雨期に向けて感染症への対応が急がれている>

インドネシアの国際的な観光地バリ島の東に隣接するロンボク島は、バリに次ぐ観光地として人気を集めている。ところが2018年7月29日にマグニチュード6.4の地震がロンボク島北部一帯を襲い、その後も8月5日、8月15日とマグニチュード7に近い地震が続発。これまでに死者555人、負傷者7700人、被災者約35万人という深刻な被害に見舞われている。

地震で家屋や商店が軒並み倒壊し、テントや避難所での生活を余儀なくされた住民には食料や生活物資、医薬品などの救援物資が十分に届いていないのが現状だが、ここへきて新たな問題が発生している。

それは感染症の流行だ。衛生状態のよくない避難所やテント暮らしの住民を中心にマラリアが拡大し、9月中旬までに昨年同期比で約2倍となる137人が感染。地元自治体が「公衆衛生緊急事態」を宣言するまでになっている。感染者には乳児や妊婦も含まれているという。

マラリアはマラリア原虫を持つハマダラ蚊を介して人に感染する病気で、40度近い高熱が続き、悪寒や頭痛、吐き気といった症状がでる。予防、治療が可能な感染症だが、症状が重篤な場合は死亡することもある。

ロンボク島の西ロンボク県当局者はロンボク地震の被災者を中心にマラリア感染者が急増しており、ハマダラ蚊予防のため蚊帳の緊急配布を始めた。さらに中央政府保健省も医療班を現地に派遣することを決めるなど感染拡大阻止と感染者の治療に全力を挙げている。


避難所に蚊帳を吊るなど感染症対策が始まったロンボク島 KOMPASTV / YouTube

相次ぐ地震でインフラや家屋破壊

ロンボク島では7月29日に同島北部を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生。8月5日の同7規模に続き8月19日には同6.9の地震が発生した。余震も数多く発生し、耐震構造などない多くの住居や商業建物が崩壊し、犠牲者の多くはこうした建物の瓦礫の下敷きになって死亡したケースが大半という。

バリ島に隣接しながら、大規模な観光開発が進んだバリ島より素朴なインドネシアの地方の魅力が残るとされるロンボク島は「バリ島に満足できなくなった観光客を引きつける魅力」が売り物の島で、近年観光開発も進んでいた。

特にロンボク島北西沖に点在する3つのギリ島(ギリアイル、ギリメノ、ギリトラワンガン)は手付かずの自然が残るオーシャンリゾートとして人気が沸騰。外国人観光客が押し寄せる場所となっていた。

ところが今回の地震発生ではギリ3島に滞在していた外国人観光客約1000人が一時的に島に取り残され、地元の漁船などがピストン輸送でロンボク島本島への脱出を支援した。

またトレッキングなどで近年登山客が増えていた同島北部のリンジャニ山(3726メートル)でも地震発生時に土砂崩れが発生し、登山客数百人が下山できず一時孤立する事態も起きた。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月