最新記事

米共和党

それでも「無能」トランプが解任されない理由

The Incapacitated President

2018年9月19日(水)17時45分
ジャメル・ブイエ(スレート誌政治担当記者)

トランプの能力不足はワシントンでは公然の秘密だが、共和党はそれを利用しているようだ Leah Millis-REUTERS

<側近からのトランプ批判が相次ぎ現政権の機能不全は公然の秘密だが、「共犯者」の共和党はそれでも行動を起こさない>

副大統領と閣僚の過半数が「大統領が職務の権限と義務を遂行できない」と議会に申し立てを行えば、大統領を罷免することができる――ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺を受けて1967年に制定されたアメリカ合衆国憲法修正第25条に最近、再び注目が集まっている。ドナルド・トランプ米大統領の最高責任者としての資質を疑問視する声が相次ぎ、大統領の権限を骨抜きにしようとする動きが報じられているためだ。

ウォーターゲート事件報道で知られるジャーナリストのボブ・ウッドワードは9月11日刊行の新著『恐怖――ホワイトハウスのトランプ(仮題)』で、政策決定のプロセスからトランプが締め出されている実態を暴いている。ホワイトハウス高官らの行動の根底にあるのは、大統領が連邦政府、ひいてはアメリカに大惨事をもたらす事態を食い止めるためにトランプの行動を制御すべきだという信念だ。

ウッドワードによれば、ホワイトハウスではトランプの側近中の側近までもが、彼を無知で無責任だと軽蔑している。トランプは就任後数カ月の間に北朝鮮への先制攻撃を検討するよう統合参謀本部議長に命じ、ジェームズ・マティス国防長官にシリアのバシャル・アサド大統領の暗殺を持ち掛け、ロバート・ムラーの特別検察官指名に怒りを爆発させてホワイトハウスを立ち往生させた。

懸念を深めたマティスやゲーリー・コーン経済担当大統領補佐官(当時)は、大統領の行動を制御するようになった。トランプからアサド暗殺を命じられた際、マティスは部下に命令を無視するよう指示。コーンも米韓自由貿易協定(FTA)の破棄を阻止するため、この議題に関する大統領令の書類をトランプの机から抜き取ったが、トランプは気付かなかったという。

ホワイトハウスの「機能不全」を暴いたのは、ウッドワードが初めてではない。マイケル・ウォルフは今年1月に出版した暴露本『炎と怒り――トランプ政権の内幕』(邦訳・早川書房)で、トランプは読み書きが苦手で「通常の認識力で情報を処理」できないと評した。

昨年12月までトランプ政権の広報担当を務めていたオマロサ・マニゴールト・ニューマンも、現政権の機能不全の原因はトランプの精神的な衰えにあると指摘している。「ドナルドはたわ言を話し続ける。一文ごとに話が矛盾していた」

ニュース速報

ワールド

ASEAN、ミャンマー巡り特別会合 ヤンゴンで大規

ビジネス

中国フィンテック企業、2年以内に資本要件満たす必要

ビジネス

豪中銀、政策金利を0.10%に据え置き 3年債利回

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月