最新記事

韓国事情

韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は低い その理由は...

2018年8月31日(金)14時30分
佐々木和義

ソウル・景福宮を訪れる中国人観光客 REUTERS/Kim Hong-Ji

<韓国政府が発表した「2017外来観光客実態調査報告書」によると、日本人は訪韓回数が最も多く、再訪問率も高いが満足度は低いことがわかった>

韓国政府機関の文化体育観光部と韓国観光公社が発表した「2017外来観光客実態調査報告書」で、日本人は訪韓回数が最も多く、再訪問率も高いが満足度は低いことがわかった。

調査は空港や港湾など19カ国・地域の外国人1万3841人を対象に面接方式で行われ、報告書は訪韓外国人全体と中国人、日本人の特徴を取り上げている。訪韓中国人は2016年の807万人から417万人に半減し、日本人は前年とほぼ同じ231万人だった。

外国人全体の平均再訪問回数は4.1回、再訪問率は53.3%で、それぞれ2016年の3.6回、38.6%から上昇した。日本人は再訪問回数が9.4回と突出しており、再訪問率も70.5%と平均を大きく上回る。2016年に韓国を訪問した中国人の平均訪韓回数は2.2回、再訪問率は29.5%で、日本人の相対的な増加が全体を押し上げる結果となっている。

訪韓目的は余暇活動・レジャー・休暇が51.9%で最も多く、ビジネス目的の19%を大きく上回る。外国人観光客の訪問地(複数回答)はソウルが78.8%で、釜山が続いているが、中国人は済州島を訪問した人が多い。

安近短の日本人

旅行中の主な活動は、ショッピング、グルメ、景勝地観光と続いている。ショッピングと答えた人の割合は前年の75.7%から72.5%と下がったが、グルメ観光は51.0%から58.2%に上昇した。日本人の割合が増えた結果だろう。

中国人はショッピングが圧倒的に多く、なかでも化粧品の人気が高い。日本人はグルメが多く、買い物も食料品が多い。景勝地は少なく、韓流観光の割合が高いのも日本人の特徴である。

平均滞在日数と支出額は日本人が最も少ない。日本人の平均滞在日数は3.9日で全体平均の7.0日を大きく下回っている。最も長いのはロシア人の12.9日で、春節や国慶節などの連休がある中国人は7.8日だった。

日本人の支出は全体平均1481.6ドルのおよそ半分の757.1ドルだった。日本人の支出を見ると前年を下回っており、LCCの増加と1泊2日や2泊3日など弾丸旅行が増えたことが短い滞在と少ない支出に繫がったのだろう。

訪韓外国人全体の平均支出額は前年を下回ったが、爆買いをする中国人が減り、日本人の割合が高まったと観光公社は分析する。2016年の支出平均は1625.3ドルで全体平均は10%近く減少している。

なお、訪日観光客でも韓国人の支出が最も少なく、日本人と韓国人の双方が安近短の旅行先として、訪問している実態が数字に現れている。

(参考記事)東京五輪は大丈夫? 韓国・平昌で厄介物になった五輪遺産

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ワクチン特許放棄巡る問題、12月までの解決望む=W

ワールド

WHO、コロナ感染なお多い インド株「懸念される変

ビジネス

米雇用は堅調さ継続、緩和縮小の討議開始を希望=ダラ

ビジネス

米イラン間接協議、今後数週間がヤマ場=EU代表

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月