最新記事

災害

カリフォルニア史上最大の山火事にトランプがトンデモ発言

Trump's California Wildfires Tweets Baffle Experts

2018年8月8日(水)16時11分
ジェイソン・ルミエール

カリフォルニアのメンドシノ火災。道路に迫る火の横を走り抜ける消防トラック(7月31日) Fred Greaves-REUTERS 

<あちこちで燃え盛る山火事の1つは、ついに焼失面積でカリフォルニア史上最大に。今ごろ山火事に初めて触れたトランプは、環境保護政策の責任と>

ドナルド・トランプ大統領は数日前から新たなツイッターネタにご執心だ。それは、カリフォルニア州の山火事の原因と解決策に関するもの。その提案に、専門家は一様に困惑している。

カリフォルニア州では、数週間にわたって山火事が猛威を振るっている。サンフランシスコ北のメンドシノ郡で発生した山火事は、2つの山火事が合流したことから「メンドシノ複合火災」と呼ばれ、8月6日には焼失面積でカリフォルニア州史上最大の規模に達した。トランプはその前日、7月からカリフォルニアのあちこちで続いている山火事に初めて触れ、犠牲者に弔意を述べることもないまま持論を展開した。

トランプのツイートはこうだ。「(カリフォルニア州の)ジェリー・ブラウン知事は、北から流れてきて愚かにも太平洋に流れこんでいる自然の水を利用できるようにするべきだ。火災でも、農業でも、何でも使える。水が豊富なカリフォルニアを想像してみてほしい。素晴らしいじゃないか!」

翌日にはこう投稿した。「(山火事は)実態以上に大きく悲惨に伝えられている。ひどい環境法が、いますぐ使える大量の水を使えなくしているからだ」


トランプによるこのあやしげな主張は、唐突に見えるが、2016年の大統領選の間にも触れられていた。トランプは当時、カリフォルニアには干ばつはないし、10センチ足らずの「小魚」を保護するために水の流れを変え、「海に」捨てていると主張した。この主張の誤りは、当時も徹底的に暴かれたのだが、まだ信じていたようだ。

加州当局も「水は十分にある」と

トランプがどこからそんな偽情報を仕入れたのかは不明だが、それは共和党のデビン・ニューネス下院議員(カリフォルニア州選出)の長年の主張に沿うものだ。過去には、FOXニュースの保守派司会者ショーン・ハニティーも同様の発言をしている。2人とも熱心なトランプ支持者であり、ロシア疑惑でもトランプを擁護している。

だが、環境と水の専門家は、トランプの主張にはほとんど根拠がないと言う。

非営利組織(NPO)「パシフィック・インスティチュート」の代表で、世界的に著名な気候と水の専門家であるピーター・グレイクは、「ポリティコ」の記事のなかでこう述べた。「トランプは、水と火災、カリフォルニア州の環境政策、そして気候変動に関して、大きな誤解をしている」。グレイクはさらに 「州の水政策が、どういうわけか消火用の水の不足につながっているなどという話は、ばからしすぎて反論する気もしない」

またカリフォルニア大学デービス校の土木・環境工学教授、ジェイ・ランドは、AP通信に対し「(トランプの主張は)物理的にまったく不可能だ」と話した。

もっと水を提供しようとツイートしたトランプに対し、カリフォルニア州森林保護防火局の広報担当者スコット・マクリーンは「水は十分にある」と言った(AP)。

(翻訳:ガリレオ)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月