最新記事

テクノロジー

「空飛ぶ電車」は夢のまた夢か?

2018年7月18日(水)19時00分
スコッティー・アンドルー

航空機のエンジンを積んで線路の上空を走る「空飛ぶ電車」構想 Dahir Insaat/YOUTUBE

<ロシアの発明家セメノフが、時速600キロで2000人の乗客を運ぶ「空飛ぶ電車」構想を発表した。セメノフは技術的にも十分実現可能だと太鼓判を押す>

鳥だ、飛行機だ、いや空飛ぶ......電車だ!

航空機用のエンジンを利用すれば、既存の陸の乗り物をはるかに上回るスピードを出し、車体を宙に浮かせることができるのではないか──奇抜な着想で有名なロシア人エンジニア、ダヒール・セメノフは、そこから空を飛ぶ電車を思いついた。

セメノフはそのアイデアを動画に仕立ててユーチューブで公開した。デザインは4パターン、どれも時速650キロ超の高速で最大2000人の乗客を運ぶことができる。既存の公共交通機関の効率を改善するための未来に向けたプロジェクトだ、と彼は言う。

webt180718-train02.jpg
一度に乗客2000人を運ぶことができる Dahir Insaat-YOUTUBE


セメノフの「空飛ぶ電車」は線路に沿って、その数百メートル上空を飛行する。セメノフの会社ダヒール・インサートによれば、この電車の車体は超軽量で、電流コレクタや飛行中の電車をレールと結ぶ電子のアームは磁力で取り付ける。方向転換には翼の傾きを利用する。

だが専門家にいわせれば、彼のアイデアは「楽観的」過ぎであって、近い将来に実現するとは思えない。

持続可能な輸送機関を専門とするコネチカット大学工学部のノーマン・ギャリック教授は、米NBCニュースのインタビューに答え、将来の移動手段は、実用化の前に長い年月がかかりかねない斬新な技術の開発というより、むしろ既存のテクノロジーを改善する形になるだろうと述べた。

「必要とされる物は、必ずしも新しい物ではない。すでに機能している物がたくさんあるからだ」と彼は言う。「すでにあるものを、われわれがどのように使うかが問題だ」

夢の新技術は停滞中

すでに鉄道輸送のスピードと効率を高めた国はいくつもある。日本や韓国、ロシアでは、高速鉄道が全国に張り巡らされ、自動車による移動の半分の時間で大都市間をつないでいる。中国の高速鉄道列車「復興号」は世界最速を誇り、最高速度は時速400キロに達する。

他の新たな技術の開発は、ここ数十年間停滞し、まだ可能性をフルに発揮する段階に達していない。

エンジニアにとって40年以上前からの夢だった自動運転車は試験走行が始まったが、衝突や横転などの事故が相次いでいる。

開発に取り組んできたグーグル、ウーバー、テスラの自動運転車は、すべて今年になって事故を起こした。そのうち2件は死亡事故となり、今後1~2年で自動運転車の実用化に踏み切ろうとしていた開発者側の計画に大きな打撃を与えた。

奇抜な未来のテクノロジーのアイデアをCGIで製作し、ユーチューブで公開しているセメノフの会社ダヒール・インサートは以前、ジャイロスコープの原理を利用したバス交通網を提案した。このバスは、車道に敷かれた線路上を走行するが、本体は車道の数メートル上の空間を移動するため、混みあう都市中心部でも移動しやすい。

交通機関以外でも、大地震で建物が倒壊したときに就寝中の人間の命を守るベッドのアイデアも動画で公開している。ベッドのマットレスの下に空気のついた巨大な頑丈な箱が設置されており、地震の揺れを感知すると、マットレスが眠っている人間ごと箱の中に落ち、上から蓋がかぶさる仕組みだ。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月