最新記事

バイオハッキング

北欧スウェーデンで体内へのマイクロチップの埋め込みが広がる理由とは

2018年7月4日(水)17時00分
松岡由希子

乗客の体内に埋め込まれたマイクロチップを乗車券の代わりに利用できる Dezeen-Youtube

<スウェーデンでは、体内埋め込み型マイクロチップを乗車券や入退室管理などに利用され始めている。なぜ、スウェーデンでそこまで進むのか、その背景は...>

手に埋め込んだマイクロチップを乗車券の代わりにして電車を利用し、手をかざしてオフィスの出入り口を解錠する----。
北欧スウェーデンでは、こんな近未来のような光景が現実になりつつある。

スウェーデン鉄道(SJ)は、世界で初めて、乗客の体内に埋め込まれたマイクロチップを乗車券の代わりに利用できる検札システムを2017年5月から導入。

首都ストックホルムのイノベーションセンター「エピセンター」でも、体内埋め込み型マイクロチップに対応した入退室管理システムが設置されている。

スウェーデンを拠点とするNFC(近距離無線通信)対応マイクロチップ専門開発ベンダー「バイオハックス」では、これまでに、スウェーデン国内の従業員およそ3500名に対してマイクロチップの埋め込みが実施されている

体内埋め込み型マイクロチップを乗車券を利用できるスウェーデン鉄道 Dezeen-Youtube

スウェーデン独自の「バイオハッキング文化」

それでは、なぜ、スウェーデンで、体内へのマイクロチップの埋め込みが広がっているのだろうか。スウェーデン・ルンド大学のモア・ピーターセン博士は、その背景として、スウェーデン独自の"バイオハッキング文化"をあげている。

バイオハッカーとは、大学や企業、研究機関といった既存の専門組織の外で、テクノロジーを駆使して生物学的なものを解析したり改変したりするアマチュア生物学者をいい、その目的や思想などに応じて、様々なグループに細分化されている。

そのひとつが、新しい科学技術を用いて人間の身体と認知能力を進化させ、人類を長期的に向上させようとする「トランスヒューマニズム(超人間主義)」の流れをくむもので、とりわけ、医者によらずにマイクロチップを体内に埋め込むなど、自分の体を使って実験を行う人々を「グラインダー」と呼んでいる。ピーターセン博士によれば、スウェーデンのバイオハッカーは概ね、このグループに属しているという。

ニュース速報

ワールド

英EU離脱交渉「行き詰まる」、メイ首相が発言 ポン

ビジネス

焦点:米が日本の自動車輸出削減・現地生産拡大を非公

ワールド

米政府、中国軍の兵器管理部門を制裁対象に 対ロ制裁

ビジネス

インタビュー:米自動車関税や数量規制が最大の課題=

MAGAZINE

特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

2018-9・25号(9/19発売)

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

人気ランキング

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 3

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 7

    どの抗生物質も効かない......「スーパーバグ」が世…

  • 8

    被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

  • 9

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 10

    沈みゆく船を見切ったアリババ会長ジャック・マーが…

  • 1

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 2

    危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

  • 5

    整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

  • 3

    中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9億ドル

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    良かれと思ったレイプ防止策、逆に女性への攻撃性を…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月