最新記事

サプリメント

認知症の改善効果をうたう健康サプリにご用心

2018年7月3日(火)15時20分
リック・シュミット (非営利調査報道サイト「フェアウォーニング」記者)

医薬品の安価な代用品としても重宝されるサプリは、20年で種類が約20倍に増えた BROOKS KRAFT LLC CORBIS/GETTY IMAGES

<記憶力や知力の衰えは誰だって怖い――サプリメントはその不安につけ込みかつてなく大繁栄しているが、規制と監視が緩く私たちの健康を害する可能性も>

うちの家系には認知症患者がいる。もしかしたら私も......。そう不安にかられたビー・ペナリームズ(57)は数年前、記憶力向上と脳の働きの改善をうたうサプリメントを飲み始めた。安全で効果があると宣伝されていたが、彼女には別の作用が表れた。

「いつもの私は陽気な人間。それなのに気分が落ち込み、ひどく悲しい感情に襲われた」と、テキサス州在住で元高校教師のペナリームズは言う。「少しのことで腹が立った」

サプリメントは医薬品と違って規制が緩く、安価なために脳の機能低下やアルツハイマー病を心配する中高年層に人気が高い。認知症の治療法が確立されていない今は、こうした効能をうたったサプリを売り込む絶好のチャンス。業界は勢いづいている。

アメリカ市場に出回るサプリの種類は過去20年で約20倍になった。成長の原動力は、「ぼけ」を恐れる人々に向けた商品。社会的弱者の不安につけ込むマーケティングがサプリ消費をあおっている構図だ。

16年9月には米食品医薬品局(FDA)が、ペナリームズの飲んでいたサプリ(主成分はビンポセチン)の販売中止を勧告した。サプリの成分は全て天然由来でなければならないが、ビンポセチンは人工的な合成物だからだ。しかしビンポセチンを含むサプリは20年近く前から売られており、FDAが知らなかったでは済まされない。業者がたっぷり儲けを上げた今になって禁止を言いだすのはなぜか?

サプリのメーカーや販売業者は、法によって「認知症に効く」といった治療効果表示を禁じられている。それでも陳列方法や宣伝文句から、言いたいことが伝わってくるのは確かだ。

グリーン・バレー・ナチュラル・ソリューションズ社(米バージニア州)は、『アルツハイマー病からの覚醒』と題したビデオシリーズを宣伝している。認知症予防のハウツーなるものが満載の内容で、これと一緒に同社の誇る「進化した」サプリも買わせようという魂胆だ。

「ニューロ・ナチュラル・リコール」を販売するエクステンド・ライフ社(ニュージーランド)のウェブサイトには、アルツハイマー病や認知症の治療に関する記事があり、同社のサプリの「強力な」成分が役に立つと記されていた(同社に問い合わせると、表現を修正するという返事が来た)。

認知症に確実な治療法はない。あるかのように思わせるのは消費者にとって有害な行為だと専門家は言う。「誰だって特効薬を探しているが......科学はそこまで進歩していない」と、アルツハイマー病協会の家族・情報サービス担当者ルース・ドリューは言う。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国・佳兆業の会長が深セン訪問、債務再編へ当局と面

ビジネス

アングル:本格利下げ観測、主要各国で消滅 市場の期

ビジネス

JPXがTOPIXの定期入れ替え実施へ 銘柄120

ビジネス

中国「618」セール盛り上がり欠く、期間延長も財布
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中