最新記事

米朝首脳会談

金正恩の「変化」が見える中国機の写真

2018年6月12日(火)11時10分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

中国の要人専用機でシンガポールに到着した金正恩 KCNA-REUTERS

<金正恩が中国の要人専用機でシンガポール入りした写真を配信したことは、北朝鮮外交のある種の「変化」を感じさせる>

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は11日午前、金正恩党委員長がトランプ米大統領との首脳会談のため、10日にシンガポール入りしたことを伝えた。

同通信は、金正恩氏の出発を伝えた記事で「史上初めて行われる朝米首脳会談では、変化した時代の要求に応じて新しい朝米関係を樹立し、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制を構築する問題、朝鮮半島の非核化を実現する問題をはじめ、互いに関心を寄せる問題に対する幅広く深みのある意見が交換される」として、首脳会談の意義を強調した。

こうした文言にも増して興味深いのが、同通信が、金正恩氏が中国の要人専用機でシンガポール入りした事実を報道。中国国旗がデカデカとマーキングされた機体の写真(記事冒頭)まで配信したことだ。

北朝鮮のメディア戦略は、金正恩氏が直接指揮を取っている可能性が高く、この写真を配信したのも本人の意思によるものと見て間違いなかろう。

参考記事:金正恩氏が自分の"ヘンな写真"をせっせと公開するのはナゼなのか

金正恩氏の祖父・金日成主席から金正恩総書記へと続いてきた金王朝は、やたらとプライドが高いのが特徴だ。どんなに苦しくとも「世界にうらやむものはない」との自負を捨てなかった。もちろん、どんなに見栄を張ってみたところで、本当の姿はすぐにバレる。それでも北朝鮮は、自国や最高指導者にとって都合の悪いものが写真や映像に写らないようにしたり、あるいはすでに写っているものを消したりして、体裁を取り繕ってきた。

そのような経緯から言えば、朝鮮中央通信が中国機の写真を配信したのは異例と言える。中国国旗が写らないようにするのはいくらでも可能だし、写るにしても「さりげない」範囲に止めるのも簡単だ。敢えてそれをしなかったのは、米国との首脳会談実現に協力した中国への敬意の表れと見るべきだろう。

北朝鮮メディアは少し前まで、経済制裁で米国と歩調を合わせる中国を繰り返し非難していた。「裏切り者」呼ばわりしたこともある。両国の関係が改善したのは、この春からのことだ。

金正恩氏がこのようなしおらしい態度を取るようになったキッカケのひとつが、トランプ氏による首脳会談の「中止表明」であるのは間違いない。金正恩氏はこれを受けて、「外交のやり方を変えろ」との指示を下したとされる。

今回の写真は金正恩氏、あるいは北朝鮮外交のある種の「変化」を示す、物的証拠と言えるかもしれない。

ではこの写真は、金正恩氏が傍若無人な独裁者から礼儀正しい洗練された指導者へと、本質的な変化を遂げたことを示しているのだろうか。現時点で、そのように考えるのは危険だろう。これは、国際社会から受け入れられるために見せている「外面(そとづら)」であると見るべきだ。北朝鮮は、米国や韓国との対話で自国の人権侵害に触れられることを頑なに拒否している。

参考記事:あの話だけはしないで欲しい...金正恩氏、トランプ大統領に懇願か

それはつまり、残忍な独裁者としての国民への態度を変える気はないということだ。また、今回のような写真1枚が金正恩氏のイメージをソフトなものに変えてしまいそうになるのは、従来の姿がいかに横暴なものであるかの反証に過ぎないのである。


[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考実験によると...

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 7

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 8

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 9

    Huaweiの頭脳ハイシリコンはクァルコムの愛弟子?

  • 10

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月