最新記事

中朝合弁

ハッカー部隊? 核疑惑?の北朝鮮資本ホテルが、中国のホテルとして復活

2018年5月25日(金)17時10分
中野鷹

中国企業が運営する中富国際ホテルとしてグランドオープンする旧七宝山ホテル

<中国・瀋陽にある、いわくつきの中国・北朝鮮合弁ホテルが、運営会社を変え中国のホテルとして復活しつつある>

今年1月に営業停止していた中国唯一にして最大の中朝合弁ホテル「七宝山ホテル」(瀋陽)が、運営会社を変え「中富国際ホテル」として今月末にグランドオープンする。

昨年9月、中国政府は国連制裁に従って、履行期限最終日に旧七宝山ホテルの営業を停止していたが、1月末に登記された新しい法人を新たな経営会社として、5月1日にひっそりとソフトオープン(試営業)していた。

七宝山ホテル(正式表記は、七宝山飯店)は、2000年に当時、中朝最大規模のジョイントベンチャーでオープンした15階建て150の客室を持つ中朝合弁ホテルだ。当時の瀋陽は、大型ホテルが少なかったため目立っていたが、瀋陽の急速な経済発展で周辺に高層ビルや高級ホテルが増えたため輝きを失いつつあった。

そこで、2011年に半年ほど営業を完全停止して大リノベーションを実施した。その際に、故金正日総書記が客室の調度品にいたるまで細かく指導したとされる。2011年12月にその金正日総書記が死去したために、再オープンは延期されたが、翌12年1月末にリニューアルオープンをした。

リニューアルされた七宝山ホテルの内装は、中国人好みの鏡のような光沢があるきらびやかな豪華デザインとなり、4つ星にふさわしいホテルとして生まれ変わっていた。以下はその当時の写真だ。

china02.JPG

七宝山ホテル時代の1階ロビー奥にはミニカフェがあり北朝鮮人女性スタッフが常勤していた

china04.JPG

朝鮮中央テレビも視聴できた七宝山ホテル時代の客室(最安で1泊約6000円)

china05.JPG

北朝鮮資本ホテルらしくホテル前には七宝山ホテルのハングル看板があった

china07.JPG

かつては北朝鮮と中国の国旗と七宝山ホテルの3つの旗が掲揚されていた

七宝山ホテルに北朝鮮のハッカー部隊?

七宝山ホテルが注目されるのは北朝鮮資本のホテルということだけではない。この場所から南へ徒歩7分も歩くと日本領事館や北朝鮮領事館などがある領事館エリアがあるのだが、この七宝山ホテルは、第2の北朝鮮領事館的な役割を果たしていたとされるからだ。

瀋陽や丹東、大連などで活動している北朝鮮人が配る会社の名刺に書かれるメールアドレスへ送ると一度、七宝山ホテルと思われるメールサーバーのIPを経由することが確認されている。そこで開封されて北朝鮮へ転送される仕組みだった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ホンダ、加オンタリオ州に数十億ドル規模のEV製造設

ワールド

EU、ウクライナ防空強化急ぐ パトリオット供与確約

ビジネス

NY外為市場=ドル一時154.85円、34年ぶり高

ワールド

北朝鮮アニメーター、西側の番組制作に協力か 制裁違
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中