最新記事

中国

イスラム教徒に豚とアルコールを強要する中国・ウイグル「絶望」収容所

2018年5月18日(金)20時02分
デービッド・ブレナン

新疆ウイグル自治区カシュガルのモスクの前でパトロールする中国の警官(2017年3月) Thomas Peter-REUTERS

<中国政府がイスラム教徒の弾圧をエスカレートさせるなか、強制収容所の元収容者がその悲惨な実態を語った>

中国でイスラム教徒の「思想改造」のための強制収容所に入れられた元収容者らが、当局にイスラム教が禁じるアルコールや豚肉の摂取を強要された、と語った。少数民族を抑えこんで服従させる、中国政府の取り締まりの一環だ。

中国に住む推定100万人ものイスラム教徒がこうした収容所に収監されてきた。最も多いのは、中国政府による漢化政策に断固として抵抗してきた中国西部・新疆ウイグル自治区の出身者だ。元収容者らが米紙ワシントン・ポストの取材に応じ、思想改造のためなら手段を選ばぬ中国政府の手口を語った。

収容者は、中国共産党と習近平国家主席の信奉者にするための洗脳、屈辱、拷問を受けた。弁護士が付かず、正式な逮捕容疑もなく、救いもない。

元収容者のカイラト・サマルカンドは、ワシントン・ポストに対し、カザフスタンから帰国後に拘束され、3カ月にわたって収監された、と語った。収監中、中国政府のプロパガンダを何時間も勉強させられ、習を称賛するよう強要されたという。「規則に違反したり、義務の履行を拒否したり、他者と衝突したり、勉強会に遅刻したりした収容者は、最長12時間、手錠と足錠をかけられた」、と彼は当時の様子を語った。

文革以来の苛烈さ

別の元収容者も、サマルカンドの主張に同調した。オミル・ベカリは、カザフスタンにある自宅から中国の家族を訪ねる途中で、中国当局に逮捕された。収監中、当局に過激派と疑われた者はイスラムの教義に反するアルコールの摂取を強制されていたという。他の収容者も罰則には無理やり豚肉を食べさせられた、と2人は証言した。豚も禁じられた動物だ。

2人とも解放され、現在はカザフスタンで暮らしている。だがいまだに、収容所で起きたことの悪夢に苛まれているという。「毎晩、当時のことを思い出す」と、ベカリはAP通信に語った。「朝まで眠れない。四六時中、記憶が頭から離れない」。釈放後、ベカリの両親と姉は収容所に送られた。

米シンクタンク、ジェームズタウン基金会が5月15日に公表した報告書のなかで、ドイツ南部コーンタールの「ヨーロピアン・スクール・オブ・カルチャー・アンド・セオロジー」のアドリアン・ゼンス教授は、中国政府によるイスラム教徒弾圧についてこう指摘した。「(1966~1977年の)文化大革命以降、中国政府が主導したなかでおそらく最も苛烈な社会改造だ」

中国政府は収容所の存在自体を否定するが、ゼンスは新疆に住む1100万人のイスラム教徒の相当数が当局に拘束されたとみており、その規模は数十万人から100万人超に上ると推計している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中