最新記事

米朝会談

トランプ:北の非核化に「リビア方式」は求めない──ボルトンと矛盾

2018年5月18日(金)14時02分
クリスティナ・マザ

トランプは非核化後も金正恩体制は安泰と明言 Kevin Lamarque and Korea Summit Press/REUTERS

<タカ派のボルトン大統領補佐官が求める「リビア方式」の非核化に北朝鮮が猛反発、米朝会談もやめると言い出した。トランプは懐柔にかかったが、非核化は大丈夫か>

ドナルド・トランプ米大統領は5月17日、北朝鮮の核開発問題に関してジョン・ボルトン大統領補佐官が北朝鮮に求めてきた「リビア方式」の非核化を公式に否定した。「リビア方式」とは、核開発に関わるすべてを放棄・廃棄した後に制裁を解除する方式だ。

リビアは2000年代初頭に核兵器の開発を進めていたが、その後2003年に開発計画の完全放棄に合意した。4月に大統領補佐官に就任したボルトンは、外交タカ派として知られ、最近のテレビ番組のインタビューで「リビア方式」が北朝鮮を非核化する上でも有効だと語っていた。

しかしこのボルトンの発言が、6月にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談でトランプと非核化の具体的な方法について話し合うはずだった金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を動揺させたようだ。

「金正恩体制は安泰」

リビアの核開発を放棄した当時の最高指導者ムアマル・カダフィ大佐は、約8年後に親米の武装勢力によって拘束、殺害された。

カダフィの二の舞を恐れる金正恩は態度を硬化させ、トランプとの会談中止もほのめかした。中国の王毅(ワン・イ―)外相はトランプに対して自重を促し、米朝首脳会談の実現に向けて努力するよう求めた。

17日の発言を見るとトランプは、歴史的な米朝首脳会談に向けて、金正恩体制は安泰、と北朝鮮を安心させた方が良い、というアドバイスを受け入れたようだ。

「北朝鮮に『リビア方式』を適用することは全く考えていない。リビアでは国家が破壊された。カダフィ大佐の権力を維持するという保証もなかった。『リビア方式』は(北朝鮮とは)全く異なった取引だ。北朝鮮の場合は、体制は変わらないし、北朝鮮はとても豊かになるだろう」と、トランプは語った。

ニュース速報

ビジネス

10月の世銀・IMF年次総会、オンラインで開催へ=

ワールド

世銀、今年のロシア成長率をマイナス6%と予想

ワールド

原油先物は小幅高、米でのコロナ感染拡大で上値限定

ビジネス

日本の5月消費支出、過去最大の落ち込み 外出自粛で

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 6

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 9

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月