最新記事

中東

米大使館エルサレム移転にパレスチナ人が決死の抗議、死者58人

Military Dispatched to Protect Middle East Embassies

2018年5月15日(火)13時45分
クリスティナ・マザ

発砲するイスラエル軍から逃げまどうパレスチナ人。5月14日に少なくとも58人が死んだ Ibraheem Abu Mustafa-REUTERS

<パレスチナ人とイスラエル軍の大規模な衝突に発展したエルサレムの「首都認定」が中東和平を破壊する>

5月14日にドナルド・トランプ米政権が在イスラエル米大使館をエルサレムに移転オープンしたことを受けて、中東各地の米大使館には警備強化のために米海兵隊員の特別部隊を増強を迫られた。反発するパレスチナ人のデモ隊とイスラエル軍の衝突が激化したためのを受けた措置だ。

彼らが派遣されたのは、ヨルダンやレバノン、エジプトなどの国々にある米在外公館。その任務は、米大使館をテルアビブからエルサレムに移転したトランプとアメリカに対するあらゆる報復行為から、職員と建物を守ることだ。

アメリカには、狙われるだけの理由がある。

トランプは昨年12月、国際的にイスラエルのものと認められていないエルサレムを正式にイスラエルの首都として認定し、米大使館を移転させる考えを発表した。決定には中東各地から怒りの声が上がった。アラブ世界は、エルサレムの東半分にあたる東エルサレムは将来のパレスチナ国家の首都とすべきと考えているからだ。

イスラエル軍がデモ隊を狙撃

かくて大使館開館の当日、パレスチナ・ガザ地区とイスラエルを隔てるフェンス沿いに、これまでで最大規模のデモ隊が集結し、イスラエル軍の狙撃手によって一日で58人のデモ参加者が殺害された。

トランプが支援するイスラエルの強硬派ベンヤミン・ネタニヤフ首相が命じたこの流血の惨事は、アメリカの信用を傷つけ、米大使館が狙われることになりかねないと、専門家は指摘する。

「アメリカがエルサレムをイスラエルの首都と認定したこと、それによって米大使館がエルサレムに移転したことは、エルサレムと深いつながりを感じ、エルサレムがユダヤ人にとっていかに重要かを認識している全ての人にとって、祝福すべきことだ」と、パレスチナとイスラエルの和平を求めるアメリカのユダヤ・ロビー、Jストリートの代表であるジェレミー・ベンアミは語った。

「だがエルサレムの地位は、パレスチナの首都を東エルサレムに樹立する2国家共存案に沿って決定し、国際的な承認を受けるべきだ。双方の合意がない中で、エルサレムをイスラエルの首都と全面的に認定することは、時期尚早で敵意を生む行為だ」

ニュース速報

ワールド

スイス政府、18・19年成長率予想を据え置き 世界

ビジネス

中曽前日銀副総裁、大和総研理事長に就任へ 武藤氏は

ビジネス

日経平均は大幅続落、米中摩擦拡大への懸念で2週ぶり

ビジネス

IR法案が衆院通過、延長国会で成立へ

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 6

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    タツノオトシゴの丸焼きがタイで炎上、一転保護へ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 9

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 10

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月