最新記事

アルツハイマー病

アルツハイマー病で最も損なわれる記憶と同種の記憶がラットにもあった!新薬開発に期待

2018年5月14日(月)18時00分
アリストス・ジョルジオ

インディアナ大学の研究チームが実験に使ったラット。ラットも出来事の順序を記憶できることが初めて分かった Indiana University

<人以外の動物で初めて、ラットにも出来事の順序を記憶できることが確認された。これで、実験動物にアルツハイマー病を正確に再現する希望が見えた>

人以外の動物も記憶から順序通りに過去の出来事を思い出せることを、科学者が初めて突き止めた──アルツハイマー病の新薬開発につながる可能性のある発見だ。

米科学誌「カレント・バイオロジー」に発表された最新の研究で、米インディアナ大学の研究チームは、人の神経障害でみられる記憶障害の解明に役立つ新たな記憶モデルを開発するため、動物の記憶に注目した。

現在、アルツハイマー病の新薬開発における臨床前試験の大半は、移動に関わる空間記憶に及ぼす効果に着目している。ラットやマウスは優れた空間記憶をもつことから、動物実験で最も検証が容易な方法の1つだからだと、論文の筆頭著者を務めたインディアナ大学の神経科学者、ジョナソン・クリスタル教授は声明で述べた。

だが通常、アルツハイマー病が悪化する最大の原因は、空間記憶の損傷ではなく、いわゆる「エピソード記憶」の減少だ。

アルツハイマーに伴って減退する記憶

エピソード記憶とは、特定の出来事を起きた順序で思い出せる能力を指す。その能力があるからこそ、私たちは過去の経験を頭の中で再生して思い出すことができる。アルツハイマー病の患者が、意味をなさない記憶に苦しむのは、過去の出来事を順序立てて思い出すことができなくなるからだ。

「もしあなたの祖母がアルツハイマー病を患っているとして、最も残酷なことの一つは、最後に2人で会った時にあなたが語った内容を、彼女が覚えていないことだ」と、論文の第一筆者を務めたインディアナ大学博士課程のダニエル・パノス・ブラウンは声明で述べた。「われわれの研究チームがエピソード記憶とエピソード記憶の再生に注目するのは、この記憶の力がアルツハイマー病の進行や一般的な老化に伴って減少するからだ」

研究チームは1年かけて、ラット13匹が過去の出来事を起きた順序で記憶する能力を検証した。最初はラットが最大で12種類の異なる匂いを順序通りに覚えるよう訓練。実験用の白い囲いの中にいくつもの穴を用意し、それぞれの穴の奥底に匂いがついたプラスチック蓋を置く方法で、異なる匂いを嗅ぎ分けられるようにした。ラットが正しい順序で正解した時だけ、ご褒美のエサを与えた。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

  • 6

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 7

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 8

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 9

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月