最新記事

アルツハイマー病

アルツハイマー病で最も損なわれる記憶と同種の記憶がラットにもあった!新薬開発に期待

Animals Can Mentally Replay Past Events

2018年5月14日(月)18時00分
アリストス・ジョルジオ

インディアナ大学の研究チームが実験に使ったラット。ラットも出来事の順序を記憶できることが初めて分かった Indiana University

<人以外の動物で初めて、ラットにも出来事の順序を記憶できることが確認された。これで、実験動物にアルツハイマー病を正確に再現する希望が見えた>

人以外の動物も記憶から順序通りに過去の出来事を思い出せることを、科学者が初めて突き止めた──アルツハイマー病の新薬開発につながる可能性のある発見だ。

米科学誌「カレント・バイオロジー」に発表された最新の研究で、米インディアナ大学の研究チームは、人の神経障害でみられる記憶障害の解明に役立つ新たな記憶モデルを開発するため、動物の記憶に注目した。

現在、アルツハイマー病の新薬開発における臨床前試験の大半は、移動に関わる空間記憶に及ぼす効果に着目している。ラットやマウスは優れた空間記憶をもつことから、動物実験で最も検証が容易な方法の1つだからだと、論文の筆頭著者を務めたインディアナ大学の神経科学者、ジョナソン・クリスタル教授は声明で述べた。

だが通常、アルツハイマー病が悪化する最大の原因は、空間記憶の損傷ではなく、いわゆる「エピソード記憶」の減少だ。

アルツハイマーに伴って減退する記憶

エピソード記憶とは、特定の出来事を起きた順序で思い出せる能力を指す。その能力があるからこそ、私たちは過去の経験を頭の中で再生して思い出すことができる。アルツハイマー病の患者が、意味をなさない記憶に苦しむのは、過去の出来事を順序立てて思い出すことができなくなるからだ。

「もしあなたの祖母がアルツハイマー病を患っているとして、最も残酷なことの一つは、最後に2人で会った時にあなたが語った内容を、彼女が覚えていないことだ」と、論文の第一筆者を務めたインディアナ大学博士課程のダニエル・パノス・ブラウンは声明で述べた。「われわれの研究チームがエピソード記憶とエピソード記憶の再生に注目するのは、この記憶の力がアルツハイマー病の進行や一般的な老化に伴って減少するからだ」

研究チームは1年かけて、ラット13匹が過去の出来事を起きた順序で記憶する能力を検証した。最初はラットが最大で12種類の異なる匂いを順序通りに覚えるよう訓練。実験用の白い囲いの中にいくつもの穴を用意し、それぞれの穴の奥底に匂いがついたプラスチック蓋を置く方法で、異なる匂いを嗅ぎ分けられるようにした。ラットが正しい順序で正解した時だけ、ご褒美のエサを与えた。

ニュース速報

ワールド

メキシコ、NAFTA協議で新たな提案か 「圧力の下

ビジネス

財政緩んだユーロ圏債務国、市場から敬遠も=ECB金

ビジネス

正午のドルは109円半ば、リスク回避ムード一服

ワールド

米上院、マクウィリアムズ氏のFDIC総裁指名を承認

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」 大物感漂う姿が話題 

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 7

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 8

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月