最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)


大統領支持派と反対派が小競り合い

ジャカルタ中心部の目抜き通りタムリン、スディルマンは日曜日には「カーフリーデー(CFD)」となり徒歩やジョギング、自転車のサイクリングを楽しむ市民であふれる。

しかし4月29日の日曜日、ホテルインドネシア前の噴水周辺は異様な雰囲気に包まれた。

「2019大統領交代」と書かれたTシャツを着た一群が「彼は忙しく仕事中」というTシャツを着た女性や子供たちを罵るなど「言葉の暴力」を浴びせたのだ。

「大統領交代」のシャツを着用していた人々は来年の大統領選で現職のジョコ・ウィドド大統領の交代、つまり再選阻止を主張しており、「仕事中」のシャツは懸命に仕事をしているジョコ・ウィドド大統領の支持派。大統領選に絡む双方の支持者が同じ場所に居合わせてしまったのだ。

その様子の一部始終が近くにいた人の携帯動画で撮影され、即座にネット上にアップされ、騒ぎは拡大。警察が間に入ってお互いの接触を止める事態になってしまった。

5月4日にはジャカルタ特別州のサンディアガ・ウノ副知事が「CFDは環境、スポーツ、芸術、文化という目的では使用可能だが、政治行動・政治活動は知事規則に違反する。政治を市民の憩いの場に持ち込むことは出来ない」と声明を出した。

ジャカルタ警察も「政治活動は禁止されている以上、違反者には厳しく対処する」と明言、全政党に対しCFDでの政治活動の自粛を求めた。

表現の自由と政治的緊張

このように最近のインドネシアで問題となっている多くの事案は「個人の発言」や「落書き」「政治スローガンが書かれたTシャツ」など、いずれも「表現の自由」というインドネシアが1998年の民主化で勝ち取った貴重な価値観に基づくものである。

しかし現在のインドネシアは政治の季節だけに、複雑で過激、そして「一方的な思惑」によって、表現の自由が問題視され、敵視され、警察沙汰に発展したり、公の場での謝罪に追い込まれたりしている。

インドネシアが掲げる国是に「多様性の中の統一」というものがあるが、その多様性を寛容の精神で認めるところがインドネシア社会の懐の深さでもあった。それだけに今、インドネシアを覆うピーンと張り詰めた緊張のような空気が些細なきっかけで一気に過熱化しない努力が求められている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:遺伝子最前線

2019-1・22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

人気ランキング

  • 1

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

  • 2

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 6

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

  • 7

    【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 10

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月