最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)


大統領支持派と反対派が小競り合い

ジャカルタ中心部の目抜き通りタムリン、スディルマンは日曜日には「カーフリーデー(CFD)」となり徒歩やジョギング、自転車のサイクリングを楽しむ市民であふれる。

しかし4月29日の日曜日、ホテルインドネシア前の噴水周辺は異様な雰囲気に包まれた。

「2019大統領交代」と書かれたTシャツを着た一群が「彼は忙しく仕事中」というTシャツを着た女性や子供たちを罵るなど「言葉の暴力」を浴びせたのだ。

「大統領交代」のシャツを着用していた人々は来年の大統領選で現職のジョコ・ウィドド大統領の交代、つまり再選阻止を主張しており、「仕事中」のシャツは懸命に仕事をしているジョコ・ウィドド大統領の支持派。大統領選に絡む双方の支持者が同じ場所に居合わせてしまったのだ。

その様子の一部始終が近くにいた人の携帯動画で撮影され、即座にネット上にアップされ、騒ぎは拡大。警察が間に入ってお互いの接触を止める事態になってしまった。

5月4日にはジャカルタ特別州のサンディアガ・ウノ副知事が「CFDは環境、スポーツ、芸術、文化という目的では使用可能だが、政治行動・政治活動は知事規則に違反する。政治を市民の憩いの場に持ち込むことは出来ない」と声明を出した。

ジャカルタ警察も「政治活動は禁止されている以上、違反者には厳しく対処する」と明言、全政党に対しCFDでの政治活動の自粛を求めた。

表現の自由と政治的緊張

このように最近のインドネシアで問題となっている多くの事案は「個人の発言」や「落書き」「政治スローガンが書かれたTシャツ」など、いずれも「表現の自由」というインドネシアが1998年の民主化で勝ち取った貴重な価値観に基づくものである。

しかし現在のインドネシアは政治の季節だけに、複雑で過激、そして「一方的な思惑」によって、表現の自由が問題視され、敵視され、警察沙汰に発展したり、公の場での謝罪に追い込まれたりしている。

インドネシアが掲げる国是に「多様性の中の統一」というものがあるが、その多様性を寛容の精神で認めるところがインドネシア社会の懐の深さでもあった。それだけに今、インドネシアを覆うピーンと張り詰めた緊張のような空気が些細なきっかけで一気に過熱化しない努力が求められている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

メキシコ、NAFTA協議で新たな提案か 「圧力の下

ビジネス

財政緩んだユーロ圏債務国、市場から敬遠も=ECB金

ビジネス

正午のドルは109円半ば、リスク回避ムード一服

ワールド

米上院、マクウィリアムズ氏のFDIC総裁指名を承認

MAGAZINE

特集:交渉の達人 金正恩

2018-5・29号(5/22発売)

未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

人気ランキング

  • 1

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 2

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 3

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」 大物感漂う姿が話題 

  • 4

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 7

    米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

  • 8

    トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

  • 9

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 10

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 3

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

  • 6

    結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメー…

  • 7

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

  • 8

    「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

  • 9

    韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

  • 10

    メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

  • 1

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 4

    北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

  • 5

    左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月