最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)


大統領支持派と反対派が小競り合い

ジャカルタ中心部の目抜き通りタムリン、スディルマンは日曜日には「カーフリーデー(CFD)」となり徒歩やジョギング、自転車のサイクリングを楽しむ市民であふれる。

しかし4月29日の日曜日、ホテルインドネシア前の噴水周辺は異様な雰囲気に包まれた。

「2019大統領交代」と書かれたTシャツを着た一群が「彼は忙しく仕事中」というTシャツを着た女性や子供たちを罵るなど「言葉の暴力」を浴びせたのだ。

「大統領交代」のシャツを着用していた人々は来年の大統領選で現職のジョコ・ウィドド大統領の交代、つまり再選阻止を主張しており、「仕事中」のシャツは懸命に仕事をしているジョコ・ウィドド大統領の支持派。大統領選に絡む双方の支持者が同じ場所に居合わせてしまったのだ。

その様子の一部始終が近くにいた人の携帯動画で撮影され、即座にネット上にアップされ、騒ぎは拡大。警察が間に入ってお互いの接触を止める事態になってしまった。

5月4日にはジャカルタ特別州のサンディアガ・ウノ副知事が「CFDは環境、スポーツ、芸術、文化という目的では使用可能だが、政治行動・政治活動は知事規則に違反する。政治を市民の憩いの場に持ち込むことは出来ない」と声明を出した。

ジャカルタ警察も「政治活動は禁止されている以上、違反者には厳しく対処する」と明言、全政党に対しCFDでの政治活動の自粛を求めた。

表現の自由と政治的緊張

このように最近のインドネシアで問題となっている多くの事案は「個人の発言」や「落書き」「政治スローガンが書かれたTシャツ」など、いずれも「表現の自由」というインドネシアが1998年の民主化で勝ち取った貴重な価値観に基づくものである。

しかし現在のインドネシアは政治の季節だけに、複雑で過激、そして「一方的な思惑」によって、表現の自由が問題視され、敵視され、警察沙汰に発展したり、公の場での謝罪に追い込まれたりしている。

インドネシアが掲げる国是に「多様性の中の統一」というものがあるが、その多様性を寛容の精神で認めるところがインドネシア社会の懐の深さでもあった。それだけに今、インドネシアを覆うピーンと張り詰めた緊張のような空気が些細なきっかけで一気に過熱化しない努力が求められている。


otsuka-profile.jpg[執筆者]
大塚智彦(ジャーナリスト)
PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月