最新記事

東南アジア

ヘイトスピーチ、誹謗中傷、言葉狩り...... インドネシア、政治の年に高まる緊張

2018年5月7日(月)17時12分
大塚智彦(PanAsiaNews)


イスラム団体指導者も槍玉に

一方で、インドネシアの政党「国民信託党(PAN)」の代表であり、イスラム団体「ムハマディア」の指導者でもあるアミン・ライス氏があろうことか「イスラム教という宗教を政治に持ち込み、国家・国民の分裂を招こうとした」として警察に告発される事態となっている。

アミン・ライス氏は4月27日、ジャカルタ市内のモスクで演説し「神に反する者は自動的に大政党に入る。その政党は悪魔(サタン)の政党であり、世界と死後の世界も破壊する破壊者によって悪魔がはびこる政党である。しかし信心深い人が入るヒズボラという神の政党もある。その政党は戦いに勝利し栄光が輝く政党である」と述べたのだった。

これに対し政治グループ「サイバーインドネシア」が「このようなインドネシアを分裂させようとするスピーチはヘイトスピーチであり容認できない」と警察に告発。警察も事態を重視、調査に乗り出している。

インドネシアでは宗教を政治のプロパガンダに利用することは社会通念上許されていない。それは禁忌(タブー)として触れないようにしている「種族・宗教・人種・階層(略してSARA)」に属する問題であるからだ。

1998年当時の民主化のうねりの中でアミン・ライス氏は学生やインテリ層の支持を集めた民主化運動の主導者の一人で、イスラム指導者でもあったが、イスラム教に関する発言で告発されたことに「時代の流れ」を感じた国民も多かった。

「スルタンを殺せ」の落書きが問題に

5月1日のメーデーは民主化が実現した1998年以降のインドネシアでは労働者や学生、市民らが街頭でデモ行進して労働環境改善や賃上げを平和的に訴える恒例行事だった。しかし今年のメーデーは様相が異なった。中部ジャワのジョグジャカルタ特別州では大学生らのデモ隊が交番に放火するなど暴徒化、警官隊と衝突した。

そしてジョグジャカルタ市内の大学玄関や掲示板、公共バスの車体など複数の場所で「スルタンを殺せ」という落書きが発見された。

ジョグジャカルタは全国で唯一、伝統的・歴史的地位であるハメンクブウォノ10世という王(スルタン)が首長を務める州で、学生らはデモの中で「封建主義(スルタン制度)の排除」も掲げていたのだ。

これまでに大学生4人が逮捕されているが、容疑は暴力行為と麻薬使用としか発表されていない。しかしスルタンへの脅迫容疑での取り調べが続いているとみられている。警察署で学生に面会しようとした法律擁護協会(JBH)の弁護士らが面会を拒否されており、新たな人権問題も浮上している。

「殺害予告」が出された形のハメンクブウォノ10世知事は「特に身の危険は感じていないし、学生らを訴えるつもりもない。警察の捜査を見守るだけだ」としている。

ニュース速報

ワールド

焦点:イタリア橋崩落、的外れなEU批判が覆い隠す財

ビジネス

焦点:中国「金融難民」の怒り爆発、P2P業者の破綻

ワールド

トルコの信用格付けを相次ぎ格下げ、S&Pは「B+」

ワールド

トルコ裁判所、米国人牧師の釈放認めず リラ4%安

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元戦闘員と悪夢の再会

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 5

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 7

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 3

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 7

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 8

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 9

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 10

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月