最新記事

人体

いまだにナゾだった関節がポキっと鳴るメカニズム、ついに解明に近づく

2018年4月4日(水)18時30分
松岡由希子

1世紀以上にわたって続く議論も解明に近づく Credit University of Alberta

<関節で鳴るポキッという音のメカニズムはいまだ完全に解明されていない。スタンフォード大学の研究者がその数理モデルを世界で初めて開発した>

手の指や手首、顎、首、肩、膝などの関節で鳴る"ポキッ"というクラッキング音は、骨格や関節の歪みやズレの矯正などの施術の際にしばしば発生するほか、意図的に指をそらしたり、ねじったりすることで、この音を鳴らすことを習慣にしている人も少なくない。

では、なぜ、このような音が鳴るのだろうか。1900年代初頭から科学者の間でたびたび議論の的となりながら、その物理的なメカニズムはいまだ完全に解明されていない。

1900年代初頭から科学者の間で議論に

現在、米スタンフォード大学に所属するヴィニート・チャンドラン・スジャ氏らの研究チームは、フランス理工科学校の修士課程に在籍中、手の指の付け根にある中手骨節関節(MCP関節)でクラッキング音が生成されるメカニズムについての数理モデルを世界で初めて開発し、その研究論文を科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」で発表した。

クラッキング音が鳴るメカニズムに関し、これまでの理論の中で最も支持されてきたのが「キャビテーション理論」である。関節に一定のストレスがかかると、関節腔を満たす滑液の圧力が変化して気泡が弾ける、いわゆる"キャビテーション"(空洞現象)が起こり、クラッキング音が鳴るというものだ。

1947年に実施されたイギリスの聖トーマス病院の研究プロジェクトでは、指関節に加える牽引力が7キログラムを超えると、クラッキング音が鳴り、その瞬間、関節内に空洞が発生したことがレントゲン写真で確認された。

また、1971年には、英リーズ大学の研究チームが「気泡が弾ける"キャビテーション"によってクラッキング音が鳴り、一度鳴らすと、再び鳴らすことのできる状態になるまでに20分程度かかる」との見解を発表し、以後、これが有力な理論とされてきた。

しかし、2015年、カナダのアルバータ大学の研究プロジェクトは、被験者の中手骨節関節をMRIで撮影し、クラッキング音が鳴るまでのプロセスを観察したところ、クラッキング音が鳴った後も気泡が滑液に残っていたことから、「クラッキング音は、気泡が弾けるときではなく、気泡が形成されるときに発生する」と主張し、従来の「キャビテーション理論」と矛盾する新たな理論として、近年、議論を呼んでいる。


,

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

  • 2

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 3

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背け…

  • 6

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 7

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 8

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 9

    ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 8

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月