最新記事

地球温暖化

グレートバリアリーフのサンゴの30%が死滅 犯人は地球温暖化

2018年4月20日(金)18時30分
キャサリン・ヒグネット(サイエンス担当)

グレートバリアリーフの美しいサンゴ礁が失われる David Gray-REUTERS

<世界最大のサンゴ礁で大量死。2016年の熱波だけでサンゴの30%が死んだことが明らかに>

オーストラリアにある世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのサンゴの約3割が死滅したことが明らかになった。

オーストラリア北東部の海岸から全長2300キロ以上にわたって広がり、総面積35万平方キロのグレートバリアリーフでは、約3900のサンゴ群集が連なり、独自の生態系を構成している。魚やカメ、鳥類、ワニにいたるまで多様な生物の棲みかとなっており、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。

その貴重なサンゴ礁が、地球温暖化による海水温上昇の影響で大量死している。英科学誌ネイチャーに4月19日に掲載された論文によれば、2016年の記録的な熱波の影響で、グレートバリアリーフのサンゴの約3割が死滅した。

海水温が上昇すると、サンゴと共生し光合成をする植物プランクトン「褐虫藻」が離れてしまい、サンゴは白くなって(白化)死んでしまう。サンゴ礁の土台を作る小さくて軟らかいサンゴの本体「ポリプ」が死滅する恐れもある。

一時的な現象ではない

「白化したサンゴは、海水温が下がれば徐々に色を取り戻して生き残ることもあるが、そのまま死んでしまうこともある」と、論文の筆頭著者である豪ジェームズ・クック大学ARCサンゴ礁研究センターのテリー・ヒューズ所長は声明で述べた。グレートバリアリーフでは2016年3~11月の9カ月間で30%のサンゴが死滅した」

ヒューズの研究チームは2016年に海水温が極端に上昇した後、人工衛星を使って2300キロにわたるグレートバリアリーフの被害状況を観測した。その結果、サンゴ礁全体の29%が3分の2以上のサンゴを失ったと判明。海水温が特に高かった北部の3分の1が、最も深刻な被害を受けていた。熱波で白化現象が進んだことが、壊滅的な大量死につながった、と研究チームは分析している。

2016年の熱波は決して例外的な現象ではない。論文を共同執筆した米海洋大気局(NOAA)のマーク・イーキンは、これは「2014~2017年に全世界的に発生した熱波と白化現象の一部」だと言う。熱波は2017年にもグレートバリアリーフを直撃し、中心部のサンゴ礁が熱ストレスや白化に見舞われた。

気候変動の影響で、多様性に富んだサンゴ礁の構成が劇的に変化してしまったと、ARCサンゴ礁研究センターのアンドリュー・ベアードは言う。「多様性に富み成熟したサンゴ礁が、海水温の上昇に耐えられる数種類のサンゴしかいない多様性に乏しいサンゴ礁になってしまった」

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支の安定度低下へ

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「レッドブルを飲んだのに翼が生えない」あなた、代…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    ミャンマー人権侵害は家庭でも「骨が折れるほど妻を…

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 5

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 6

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 7

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 10

    日韓対立の影響は?韓国経済に打撃大きく、日本経済…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月