最新記事

性スキャンダル

トランプに隠し子疑惑、「口止め料」に3万ドル?

2018年4月13日(金)15時30分
グレッグ・プライス

ポルノ女優との不倫疑惑、過去のセクハラ疑惑に加え新たな火種か Carlos Barria-REUTERS

<元家政婦と関係をもち子をなしていた、という元ドアマンの話は、トランプと親しいタブロイド新聞が握りつぶしていた疑いも>

ポルノ女優との不倫疑惑で揺れるドナルド・トランプ米大統領(71)に、隠し子疑惑が浮上した。トランプがニューヨークに所有するビル、トランプ・ワールドタワーのドアマンだった男が、トランプは元家政婦と関係をもち子供も生まれたと、4月12日の声明で明かした。

ディノ・サジュディンは、米タブロイド紙ナショナル・エンクワイアラーを傘下にもつアメリカン・メディア(AMI)と、この話を他に明かさないという独占的な記事化契約を結び、見返りに3万ドルを受け取っていた。

だが結局記事にはならないまま、4月13日朝に各紙が疑惑をリークしたことから、サジュディンも自ら口を開いたというわけだ。

「トランプ・ワールドタワーで働いていたとき、トランプ大統領が元家政婦と関係をもって子供ができたが、批判しないよう上から言われた」と、サジュディンはCNNに語った。事実関係は、まだ確認できていない。

ナショナル・エンクワアラーはトランプと親しいため、話が表に出ないよう買い取って握りつぶしたのではないか、との噂もある。

報道によれば、独占契約が結ばれたのは2015年11月。トランプが2016年の大統領選挙に向けて選挙キャンペーンを始めたころだ。トランプが現在のメラニア夫人と結婚したのは2015年1月。

問題の元家政婦とその子供の名前は報じられておらず、サジュディンの主張の真偽は未確認のままだ。

今ならうるせぇトリのスタンプGET!

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>


MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月