最新記事

動物

「いい子でちゅね」 成犬だって赤ちゃん言葉で話しかけられたい

2018年3月15日(木)16時30分
松丸さとみ

成犬だって赤ちゃん言葉で話しかけられたい Giambra-iStock

<「赤ちゃん言葉」が犬との絆を築くために効果的であることが科学的に証明された>

「赤ちゃん言葉」での犬との会話、効果は?

犬に話しかける時は、それが子犬であれ老犬であれ、なぜか人間の幼児に話しかけるような「赤ちゃん言葉」になってしまうものだ。つまり、いつもよりも声を高めにして抑揚をつけた話し方だ。そして実はそれが犬との絆を築くために効果的であることが科学的に証明された。

英国ヨーク大学心理学部のケイティ・スローカム博士は、「人間が犬に話しかける際は、高い声で抑揚をつけるのが欧米では一般的だが、これが犬にとってプラスになっているのか否かについては、あまりよく知られてない」と語り、「動物と人間の社会的な絆は、コミュニケーションの内容や方法によって変わるものなのか知りたかった」と、実験の動機についてヨーク大学の発表文で述べている。

スローカム博士を中心としたヨーク大学の研究員らが成犬30匹以上を使って実験を行い、学術誌「アニマル・コグニション」に結果を発表した。

犬向けの話を甲高い声vs人間向けの話をいつも通り、さて結果は?

犬と2人の実験者(実験者Aと実験者B)が同じ部屋に入って実験を行った。犬に話しかける言葉の内容はそれぞれの実験者があらかじめ録音し、スピーカーを各自の膝の上に乗せて再生した。

実験者は口元を隠して顔の表情も変えず、ボディランゲージなどで犬に合図を送らないようにした。こうすることで、別の研究機関が昨年行なった類似の実験(実験室にスピーカーだけを置いて声を流した)と比べ、より自然な環境で実験ができたと同時に、犬の反応や、実験者とどれだけ一緒に過ごしたがったか、などがテストしやすくなったという。

この昨年行われた類似の実験では、子犬は赤ちゃん言葉で話しかけた場合によく反応するが、成犬には効果がない、という結果が示されていた。

今回、実験者Aのスピーカーからは「いい子だね」や「お散歩行こうか?」など、犬を対象にした話の内容を感情豊かに話す声(人間の赤ちゃんに話す時によく見られるもの)が流された。実験者Bのスピーカーからは、成人に向けて通常の声の調子で話す内容が流された。例えば、「昨日映画を観に行ったんだ」などだ。

この間、犬は短いリードに繋がれており、声に対して犬がどのように反応するかを観察した。スピーカーから声を流し終わった後、リードを外して犬が実験者のそばに行きたければ行かれるような状況を作った。

スピーカーから声が流れている間に犬が実験者AやBの方向を見ていた長さや、リードが外された後に各実験者とどのくらいの時間を過ごしたかを測定した。なお、犬が実験室に入ってから実験が始まるまでの時間は、コントロール期間として記録し、犬がどちらかの実験者に対して興味を抱いているか否か、特定の場所に関心を示しているか否かなどを調べた。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月