最新記事

映画

英国の国立公園の一角をタダで手にした男の正体は? 映画『ロンドン、人生はじめます』試写会ご招待

PR

2018年3月20日(火)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

© 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

<ロンドンの高級住宅地にある緑豊かな国立公園ハムステッド・ヒース。この片隅に暮らしていた男が、その土地の所有権をタダで手に入れた──>

古くから文人や有名人らが多く住み、様々な文学や絵画のモチーフとしても取り上げられてきたロンドン郊外の高級住宅地ハムステッド・ヒース。その国立公園の片隅で暮らしていたホームレスの男が、開発業者から追い出されそうになったものの、裁判でその場所の所有権を認められ、時価200万ポンド(当時で約4億8000万円)もの資産を手に入れるという夢のような出来事が起きた。

この2007年に起きた実話を基にダイアン・キートンらの主演で製作されたロマンティックコメディが『ロンドン、人生はじめます』だ。

物語の主人公エミリー(ダイアン・キートン)は、夫亡きあとに発覚した浮気や借金、減っていく蓄えや上辺ばかりのご近所づきあいなどから逃避中。そんなある日、屋根裏部屋から双眼鏡で外を眺めていると、自然に囲まれた小さな家で暮らすドナルド(ブレンダン・グリーソン)を発見する。庭でのディナー、気ままな読書、森でのピクニック......。頑固だが温かく、余計なモノを持たずに手作りの暮らしを楽しむドナルドに、惹かれていくエミリー。ところがある事件をきっかけに、二人の恋の行方は予測不能な展開に──。

 今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を4月17日に開催、読者の方80組160名様をご招待。

資産家になっても暮らしを変えなかった男、ハリー・ハローズ

物語のモデルとなったホームレスの男、ハリー・ハローズは1936年生まれのアイルランド人。50年代にロンドンにやってきた彼はハイゲートにある公営住宅に住んでいたが、87年にそこを追い出され、ハムステッド・ヒースにある老人ホーム跡地に掘っ立て小屋を作り暮らすようになった。お隣に住むのはスティング、ジョージ・マイケル、ブルネイ国王、テリー・ギリアムといった超有名人だ。ハリーはこういったご近所の人たちから雑用を請け負っていた。

ところが2005年3月、ハリーの住む土地の所有権をもつ不動産開発業者が高級マンションを建設しようと、ハリーに立ち退きを求めた。長年暮らしていた場所を突然追い出されそうになって腹を立てたハリーは弁護士に相談。ハリーが他の誰からも土地の所有権を主張されることなく20年以上暮らしてきたことから、裁判所は彼がいる場所の土地、約800平方メートルの所有権を認めたのだ。

突然、ホームレスから資産家となったハリーだが、インタビューに答えて「この土地の金額なんてどうでもいいんです。私は自分の住むところが必要だっただけなんです」と語り、言葉通りそれまで通りのつましい暮らしを変えず、2016年88歳で亡くなるときまでハムステッド・ヒースで過ごしたという。

在りし日のハリー・ハローズ



[監督・脚本・製作]:ジョエル・ホプキンス
[出演]ダイアン・キートン(『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』)、ブレンダン・グリーソン(『ハリー・ポッター』シリーズ)、ジェームズ・ノートン(『ラッシュ/プライドと友情』)、レスリー・マンヴィル(『家族の庭』)、ジェイソン・ワトキンス(『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』)ほか
[配給]シンカ/STAR CHANNEL MOVIES
【オフィシャルサイト】http://www.synca.jp/london/
2018年4月21日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか 全国ロードショー


『ロンドン、人生はじめます』試写会
日時:2018年4月17日(火)18:00開場/18:30開映(上映時間:102分)
会場::日本消防会館(ニッショーホール)東京都港区虎ノ門2-9-16

応募締切:2018年3月30日(金)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米経済、FRB支援策を解除する段階でない=クリーブ

ビジネス

気候変動は「重大なリスク」もたらす=サンフランシス

ビジネス

米中古住宅販売、5月は4カ月連続で減少 価格なお高

ビジネス

物価のパラダイムシフト想定せず=レーンECB理事

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月