最新記事

映画

新作『スター・ウォーズ』は最新デジタル技術よりフィルム実写を選んだ

2018年1月23日(火)13時19分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

コダック社のツイッターも『最後のジェダイ』についてIMAXフィルム撮影されたことを紹介している
 

さて、冒頭にも書いたように『最後のジェダイ』では、一部このIMAXカメラで撮影が行われている。前作『フォースの覚醒』でも10分間の映像がIMAXカメラで撮影されたことがファンの間で話題になった。

ここで上映にあたって問題になってくるのが上映時の画角比率である。実はIMAXデジタルで上映する場合、IMAXカメラで撮影された映像は映画館のスクリーンでは上下が切られて上映されてしまうのである。IMAXが1.43:1という独特な比率を持つと冒頭で書いたが、IMAXデジタルは1.94:1と、 IMAXカメラで撮影した映像と比べるとかなりワイドなイメージになってしまう。

残念ながら、現在日本でIMAXを導入しているほとんどの映画館はこの1.94:1比率のIMAXデジタルで、IMAX本来の映像は上下が切られてしまうが、大阪の109シネマズ大阪エキスポシティでは、本来のIMAX比率1.43:1でのIMAXデジタルレーザーと呼ばれる上映を行っている。上下がトリミングされた映像でなく、本来の画角で隅々まで見たいスター・ウォーズのファンは、わざわざ大阪まで足を運んだり、なかには海外のIMAX映画館まで見に行った強者もいるという。


本来のIMAX比率1.43:1の画角を体験できる109シネマズ大阪エキスポシティのIMAXスクリーン設置の様子。 109シネマズ チャンネル / YouTube


デジタルvs.フィルムの闘い

スチルカメラの世界でデジタル化が進んだのと同様に、映画の世界も2000年代に入り、デジタル撮影が多くなった。スターウォーズシリーズも『エピソード1/ファントムメナス』でデジタル化が導入され、『エピソード2/クローンの攻撃』は全編デジタルで撮影された。

当時の映画業界の様子について俳優のキアヌ・リーブスが『サイド バイ サイド フィルムからデジタルシネマへ(原題:Side by Side)』(2002年)というドキュメンタリー映画を制作している。デジタル化が進む映画界にスポットを当てた作品は、70名以上の映画監督、撮影監督を含む映画関係者たちが、映画のデジタル化に関するインタビューを収録しており、さまざまな意見を見ることができる。

世界の映画館の90%以上がデジタル化され、撮影に関してコストも時間もかかるフィルムよりデジタル撮影が主流となっている。そのため、映画撮影用のフィルムを作っているのもイーストマンコダック1社しかない状況だ。そんな中、あえてフィルムにこだわるのはなぜなのか。それは多くの監督たちがフィルムで映画を撮ることにこそ価値があると考えているからだ。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月