最新記事

動物

[動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

2018年1月11日(木)14時00分
デーナ・ダビー

ザトウクジラのジャンプは有名。知的な「遊び」という説も Mike Hutchings MH-REUTERS

<長年クジラの保護活動をしてきた女性ダイバーも初めて見る驚きの行動で、迫りくるイタチザメの脅威から必死に彼女を遠ざけた>

「人間の最良の友」という言葉は、犬だけでなくクジラにもあてはまるかもしれない。ザトウクジラがサメの攻撃からダイバーを守ったのだ。

救われたダイバーは海洋生物学者だが、ザトウクジラのこうした行動を見たのは初めてだという。幸いにも、この奇跡的な出来事は一部始終、水中カメラにとらえられていた。

驚くべき出会いが起きたのは、南太平洋に浮かぶクック諸島の主島ラロトンガ沖。下の動画でおわかりのように、体重25トンの巨大なクジラが海洋生物学者のナン・ハウザーに近づいてきて、彼女に寄り添うように泳ぎ始めた。と、突然クジラはひれでハウザーを押しのける。

とっさに何が起きたのか分からなかったと、ハウザーは言う。体長4.5メートル程のイタチザメがすぐそばにいて、クジラが自分を守ってくれたと気づいたのは、しばらく経ってからだ。無事に船に戻ったハウザーは、動画のラストで、クジラに「私もあなたを愛している」と呼び掛けている。

「クジラが近づいてきたときは、何をしたいのか分からなかった。10分程私にまとわりつき、押しのけ続けた。とても長い時間に思えた。ちょっと怪我もした」と、ハウザーは英オンライン紙インディペンデントに語った。

守るつもりが守られた

クジラは「私を頭やお腹、背中の上に乗せようとしたり、巨大な胸びれで私を抱え込もうとした」と、ハウザー。28年間水中でクジラを調べてきたが、こんな行動は見たことがないという。

ザトウクジラは「歌うクジラ」として知られる。仲間とのコミュニケーションのために水中で発する複雑で物悲しげな音は歌のようで、ときには何時間も続く。何を訴えているのかは分からないが、求愛コールの一種だろうと科学者たちは考えている。

巨大な体で水上に飛び出すザトウクジラの「ブリーチング」は壮観だ。体に付いた寄生虫を振り落とすための行動という説もあるが、理由ははっきり分かっていない。知能の高いクジラのこと、最近の調査では、遊びとして楽しんでいる可能性も指摘されている。

かつては絶滅が危惧されたこともあったが、個体数は着実に回復。今では大半の個体群が絶滅危惧種リストから外されている。

クジラが本当にハウザーを守ろうとしたのかどうかは確かめようがないが、彼女にとってこの出会いが忘れがたいものになるのは間違いない。「28年間クジラの保護に取り組んできたが、まさかクジラに守ってもらえるなんて夢にも思わなかった」




ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月