最新記事

遺伝子

DNAが見つける完璧なパートナー 遺伝子をチェックする恋活アプリが誕生

2018年1月19日(金)17時30分
松岡由希子

遺伝子をチェックする恋活アプリが誕生 Todor Tsvetkov-iStock

<ユーザーの頬の内側の粘膜から採取したDNAの情報とSNS上の履歴からユーザーの嗜好や趣味、関心事、習慣なども解析し、"運命の人"を導きだす恋活アプリが登場した>

男女の相性は遺伝子による影響を受けている----。この説においてとりわけ注目されている遺伝子が、ヒトの免疫をつかさどるHLA(ヒト白血球型抗原)だ。"白血球の血液型"といわれるもので、白血球のみならず、あらゆる体液に存在し、その組み合わせは数万通りにものぼる。

1995年には、スイスの生物学者クラウス・ヴェーデキント博士を中心とする独ボン大学の研究プロジェクトが「女性は、HLAの型が最も異なる男性の匂いに魅力を感じる」という研究結果を発表した。

男性の被験者が2日間にわたって着用したTシャツの匂いを女性の被験者に評価させたところ、異なる型のHLAを持つ男性の匂いほど、高い評価をつけたという。

ユーザーの遺伝子情報とSNS上の履歴から分析

このような遺伝子の特性を異性のマッチングに応用したユニークな恋活アプリ「フェラモール」が、2018年2月10日、米テキサス州ヒューストンで正式にリリースされる。

このアプリは、ユーザーの遺伝子情報とソーシャルメディアネットワーク(SNS)上の履歴を組み合わせ、独自に開発した機械学習アルゴリズムによって、それぞれの魅力や個性に合った相手を予測する仕組みとなっている。

ユーザーが専用の検査キットを使って頬の内側の粘膜から検体を採取し、「フェラモール」に送ると、委託先の検査機関がこの検体をもとにフェロモンに関わる11種類のDNAを分析。

さらに、ユーザーが、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのアカウントを「フェラモール」と連携させることで、投稿されたコンテンツや「いいね!」のクリック、ハッシュタグなどから、ユーザーの嗜好や趣味、関心事、習慣なども解析され、DNAの情報と組み合わせて、ユーザーにとっての"運命の人"を導きだす流れとなっている。


群雄割拠の恋活アプリ

近年、恋活アプリは群雄割拠の様相を呈している。世界196カ国で利用され、200億以上のマッチング実績を有する「ティンダー」や、フェイスブックを活用した日本最大級のマッチングサービス「ペアーズ」のほか、ドッグオーナーの男女に特化した「ツインドッグ」のようなニッチなサービスまで、多種多様だ。

「フェラモール」は、相性の良し悪しを判断する要素として、ヒトの遺伝子に注目している点が特徴。「男女の相性は遺伝子による影響を受けている」という説の真偽を検証する上でも、「フェラモール」でマッチングされたカップルたちの恋の行方が気になる。

ニュース速報

ワールド

原油先物は小幅上昇、中国が通商協議で米国に代表団派

ワールド

カンボジア下院選、与党が全議席獲得 野党弾圧で海外

ビジネス

トヨタ、中国で生産能力12万台拡張を計画 販売拡大

ワールド

中国商務次官、通商協議のため8月末に訪米=中国商務

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 2

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

  • 3

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるのはなぜか

  • 4

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

  • 10

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 9

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

  • 2

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 6

    怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 9

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
メディアプロモーション局アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月