最新記事

ペット

犬を飼うと長生きに! おひとり様に特に効果大

2017年11月30日(木)17時45分
松丸さとみ

犬を飼っている人は死亡するリスクが33%低減 PhotoTalk-iStock

犬を飼う単身者は死亡リスクが3割減

犬を飼うことで長生きできる----スウェーデンで340万人以上を対象に行なわれた研究で明らかになった。

ウプサラ大学のトーべ・ファル准教授らのチームが、犬を飼うことと心臓病との関係を研究し、オンラインの科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。

ウプサラ大学のチームは、2001年の時点で40〜80歳の、心臓に健康上の問題を経験したことがない人たち340万人以上のデータを12年間にわたって調査した。そこから、犬を飼っていると、心臓病やその他の死因で死亡するリスクが低くなることが分かった。その傾向は、特に一人暮らしの人に顕著に見られたという。

ウプサラ大学の発表文によると、単身者の場合、犬を飼っている人は飼っていない人と比べ、死亡するリスクが33%低減し、心筋梗塞のリスクは11%低かった。

筆頭著者の1人、ウプサラ大学博士課程の学生、ムニャ・ミュバンガさんによると、単身者はこれまで、複数の人と暮らす人たちと比べて心臓病にかかるリスクや死亡するリスクが高いとされていた。単身者のうち犬を飼っている方が飼っていない場合と比べ死亡率が低いということは、犬が「大切な家族の一員」という役割を果たしているのではないか、と今回の結果を分析している。

運動や人との触れ合いが増えることも要因?

この研究は、国が有する7つのデータベースから情報を抽出した。スウェーデンでは、日本のマイナンバーと類似のものだと推測される、固有の認識番号が国民一人ひとりに与えられているという。病院で診察を受けるたびに診断内容がこの番号に紐づけられて記録される。そうしたデータは個人が特定されないように匿名化された後、研究者らが利用できるようになる。

ウプサラ大学が今回使用したのは、このようにして集めたデータだ。またスウェーデンでは、2001年以降は犬を飼う場合に届け出が必要になったため、今回使用したデータベースには、このような犬の登録簿も含まれるという。

研究者らは、犬を飼っていると心臓病や死亡のリスクが低下する理由について、犬を飼うことで、社会的な孤立や気分の落ち込み、孤独などの心理的なストレスが緩和されるからではないか、と考えている。犬を飼っている人の方が、孤立や気分の落ち込みなどが原因の心理的ストレスが少ないということを示す研究は、過去に発表されているという。

トーべ・ファル准教授はさらに、犬を飼っている場合、飼っていない人と比べ身体的なアクティビティが多くなるため、今回のような調査結果につながるのかもしれない、と推測している。

また、飼い犬のおかげで社会的な関わりが増える、などの可能性も指摘している。さらに、もともと活動的な人が犬を飼う傾向があるなどで、犬を飼う前から「飼う人」と「飼っていない人」の間には違いがあるのかもしれない、とも述べている。


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中