最新記事

トランプファミリー

イヴァンカとパナマ逃亡者──トランプ一家の不動産ビジネスに潜む闇

2017年11月29日(水)12時15分

11月17日、米大統領就任前は実業家だったトランプ氏は、パナマでのホテルベンチャーを長女イバンカ氏の「任務」として担当させたが、同プロジェクトには犯罪に手を染めた人物らも関わっていたことが明らかとなった。写真左から3番目の建物が、「トランプ・オーシャン・クラブ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」。パナマ市で10月撮影(2017年 ロイター/Carlos Lemos)

2007年春、パナマ市にある空港に、多くのロシア人を含む外国人が次々と到着し、迎えにきていたドナルド・トランプ氏のロゴが入った白いキャデラックにさっそうと乗り込んだ。

このリムジンは、元自動車セールスマンのアレキサンドラ・ベンチュラ・ノゲイラという名のブラジル人が経営する会社のもので、当時トランプ氏の最新プロジェクトだったパナマの70階建て複合施設開発に投資する外国人を勧誘していた。

米大統領就任前は実業家だったトランプ氏にとって初となる国際的ホテルベンチャー「トランプ・オーシャン・クラブ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」には、居住用マンションやホテル、そしてウオーターフロントに建てられた帆船形の建物内にはカジノも併設されていた。

「ノゲイラ氏は外交的で明るい若者だった」。2002年にミス・ユニバースの栄冠に輝き、2007年に彼の会社「ホームズ・リアル・エステート・インベストメント・アンド・サービス」の広報を務めていたジャスティン・パセク氏はそう当時を振り返る。


「皆がホームズに感銘を受けていた。当時は不動産ブームの頂点に乗っているように見えた」

ノゲイラが自らを印象付けようとした中の1人が、トランプ氏の長女イバンカ氏だった。彼は、当時父親の不動産会社トランプ・オーガニゼーションでパナマ開発事業を担当していたイバンカ氏と「何度も」会って話した、とロイターとのインタビューで語った。

「彼女は私のことを覚えているだろう」と彼は言う。

ノゲイラによれば、彼の営業手腕にほれ込んだイバンカ氏が、彼を同プロジェクトの主任ブローカーにするよう手助けして、2人はプロジェクトを売り込むビデオにも一緒に出演したという。

ロイターは、米NBCニュースと協力してトランプ・オーシャン・クラブの資金調査を行った。その結果、同プロジェクトの事前販売の3分の1から半分は、ノゲイラが担当したことが分かった。

また彼がこのプロジェクトにおいて取り引きした相手の中に、のちにマネーロンダリング(資金洗浄)で有罪となり、現在は米国で収容されているコロンビア人や、誘拐と殺人脅迫の罪で1990年代にイスラエルで服役していたロシア人投資家が含まれることも判明した。

トランプ・オーシャン・クラブ開発に携わってから3年後、ノゲイラは同開発とは関係のない詐欺と偽造の容疑でパナマ当局に逮捕された。140万ドル(約1億5600万円)の保釈金を支払い、その後パナマから逃亡している。

あとには、ノゲイラ被告にだまされたと主張する数多くの人々が残された。その中には、トランプ・オーシャン・クラブ開発におけるマンション投資も含まれており、少なくともそれは4件の刑事事件に発展しており、8年たってもまだ解決に至っていない。

現在43歳のノゲイラ被告はこれらの容疑を否定。「私は天使ではないが、悪魔でもない」とメールでロイターに語った。

イバンカ氏は、ノゲイラ被告との関係についてコメントを控えた。ホワイトハウス報道官は、ロイターからの質問をトランプ・オーガニゼーションに送った。同社のアラン・ガーテン最高法務責任者(CLO)は、「トランプ一家含め、トランプ・オーガニゼーションの誰一人として、この個人と会ったり話したりした記憶は一切ない」と回答した。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    「壁」なんてくだらないと、トランプ支持者が怒りは…

  • 8

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人…

  • 8

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 9

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 10

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月