最新記事

スポーツ

大リーグがホームラン量産時代に突入した理由

Long Ball Sally

2017年10月24日(火)14時40分
ジョン・ウォルターズ

新人ながら52本塁打を放って本塁打王に輝いたヤンキースのジャッジ Gregory J. Fisher-USA Today Sports-REUTERS

<本塁打の記録ずくめだった今シーズン。要因は何なのか? 三振激増との関連は?>

今シーズンの米大リーグ(MLB)は、本塁打の記録ずくめだった。とにかく、ボールがよく飛んだ。シーズン総本塁打数は史上最多の6105本。選手の薬物使用が横行した00年の5693本を大幅に上回った。

あおりを食った一人は、フィラデルフィア・フィリーズの新人リース・ホスキンス。MLBデビューから34試合で18本塁打という史上最速記録を達成したが、全体の本塁打量産のせいで影が薄くなってしまった。

ルーキーによる新記録樹立は、まだある。ナショナルリーグでは、ロサンゼルス・ドジャースのコディ・ベリンジャーがシーズン39本塁打を放ち、リーグの新人本塁打記録を更新。アメリカンリーグではニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジが52本を打ち、こちらはMLBの新人記録を塗り替えた。

マイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンは60本塁打達成かと思わせたが、惜しくも59本で終わった。シーズン60本を打ったのは、ステロイド疑惑を持たれた選手を除くと、ロジャー・マリス(61本)とベーブ・ルース(60本)しかいない。

なぜ本塁打がこれほど増えたのか。『ロングボール──ホームランをめぐる伝説と伝承』の共著者マーク・スチュワートは「三振が恥ずかしいことではなくなったからだ。思い切りスイングすれば、ボールは飛びやすくなる」と語る。

だったら、三振が増えたのも納得できる。三振総数は4万105個と、10年連続で増加した。ヤンキースのジャッジは、三振数がMLB最多の208個だ。

70年代の名選手レジー・ジャクソンはスイングの思い切りがいいので、空振りすると自分ごとくるくる回っていた。ジャクソンはワールドシリーズで1試合3本塁打を打った選手として記憶されているが、一方で2597個というMLBの通算三振記録を持っていることはあまり知られていない。

工夫のない投手も問題

だが、ジャクソンは三振を気にしていなかった。「ファンは価値のない人間にはブーイングをしない」と語ったことがある。

スチュワートによると本塁打増加の裏には、打者の体格がよくなったこともあるが、投手にも責任がある。「ピッチングは『柔術』によく似ている。相手のバランスを崩すのが目的だ」と、彼は言う。「投手はそのためにスピードや球質を変える。しかし、こうした巧みな投球をする投手は少なくなってきた。真っ向勝負をしたがる」

ニュース速報

ビジネス

中計売上高1兆円は前倒しで進捗=高橋ドンキホーテH

ビジネス

日立子会社の英原発建設計画、欧州委が環境面で「肯定

ワールド

オランダで音楽フェス終了後の会場に車が突っ込む 1

ワールド

ロンドン市など、ガソリン・ディーゼル車の販売禁止前

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも影響が

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 4

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 5

    大阪北部で震度6弱、3人死亡 JR・私鉄が運休、工…

  • 6

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 7

    イスラエルとイラン、戦争で勝つのはどっちだ

  • 8

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    手術されるインターセックスの子供たち トップモデ…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    女児型セックスロボットは社会の敵

  • 3

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人生初のセックスは「上手くいった」!

  • 4

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 5

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 6

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 7

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 10

    「寄付してくれたら結婚します」 白血病の妹を助け…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上…

  • 6

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 7

    生まれつき膣のない女性に魚の皮で「新しい膣」 人…

  • 8

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月